「上手な人はどうしてあんなに上から目線!?」 コロナ禍でゴルフを始めたけどすぐやめた人の理由

コロナ禍でちょっとしたゴルフブームが起こり、現在も続いています。そんななか、せっかくゴルフを始めたのに、すぐにやめてしまう人もいるようです。どうしてやめてしまったのか、その理由を聞きました。

誰にどんな迷惑をかけているのかが分からない

 ゴルフはコロナ禍でも密にならずに楽しめるスポーツとして注目を集め、2020年から新たに始める人が増えました。

 その流れは2022年も続いており、ゴルフ練習場やゴルフ場で始めたばかりと思われる人の姿を見かけることが明らかに多くなりました。

 一方で、2020年にゴルフを始めたにもかかわらず2022年にゴルフをやめてしまったという男性の話を聞く機会がありました。年齢は50代で、ご自身で会社を経営されている方です。なぜゴルフをやめたのか率直な意見をうかがいました。

ゴルフ場での所作などを教えてくれる人が居ないので、マナー違反で突然怒られることも嫌になる理由の一つ 写真:Getty Images
ゴルフ場での所作などを教えてくれる人が居ないので、マナー違反で突然怒られることも嫌になる理由の一つ 写真:Getty Images

「ゴルフというスポーツ自体は楽しかったんですよ。でも、ゴルフをしていると自分が誰にどんな迷惑をかけているかが分からなくて、戸惑うことが多かったです。マナーを教えてくれる人が周りに誰もいなくて、しかも上手な人からいきなり注意をされるわけです」

「たとえばティーイングエリアでショットの順番を待つ位置だったり、グリーン周りでクラブを置く場所や自分が立つ位置だったり、そのときどきで教えてくれる人もいるのですが、アレもダメ、コレもダメとイチイチ指摘されるので面倒くさくなってきました」

「しかもゴルフが上手な人はヘタな人間に対して高圧的な態度を取ることが多いんです。ゴルフがうまいだけで、なんであんなにエラそうなんですかね。別にゴルフがうまくてもそんなにエラくないと思うんですけど」

 やがて「ゴルフは楽しい」という気持ちよりも、「ゴルフは面倒くさい」という気持ちが上回ったため、ゴルフをやめることに決めたそうです。

 大人になってからゴルフを始めた人に、このような意見を聞くことは非常に多いです。かつてはラウンドデビューの初心者に対して、キャディーさんがゴルフ場での振る舞いをひととおり教えてくれました。でも今はセルフプレーが主流の時代ですから、同伴者が教えるしかありません。

 同伴者がすべてのマナーを熟知しているわけではありません。また、Aさんは気にしないけどBさんは気にするようなこともあります。

 たとえばグリーン上で同伴者がパッティングをする際、パットのラインの延長線上に立ったりクラブを置いたりしないのがマナーですが、後方線上であれば気にしない人もいますし、前方線上でも気にしない人もいます。

 ですからAさんのときは大丈夫だったのに、Bさんのときはダメと言われることがあります。冬場などはグリーン上で自分の影が同伴者のラインに入り込むケースもありますから、余計に立ち位置が難しくなります。そういったことが積み重なっていくと、「じゃあ、どこに立てばいいの?」となります。

 ゴルフの基本的なマナーは「他の人に配慮を示すこと」ですが、「配慮を示す」というのが抽象的な表現なので、具体的にどう振る舞えばいいのかが分からないという声はよく聞きます。

ゴルフが上手な人がなんでエラそうな態度を取るのか理解できない

【誰も教えてくれない】上司とのラウンドで役立つ「カートの上座・下座」を解説

画像ギャラリー

キャディー付きの場合は助手席が一番上座で後席真ん中が末席、セルフプレーの場合は運転席が末席で後席が上座
プレーの技量が影響しないスタートホールまでやインターバルの移動は一番若い方が運転すると良いでしょう
ゴルフ場でよく見かける4人乗りタイプ(G30Es) 写真:ヤマハ発動機
海外ではメジャーな2人乗りタイプ(YDRA1) 写真:ヤマハ発動機
ゴルフカートは左ハンドル
リモコン式のカートはリモコンか本体のボタンで発進・停止を行う
事故を起こさぬよう安全運転でラウンドを
ゴルフ場での所作などを教えてくれる人が居ないので、マナー違反で突然怒られることも嫌になる理由の一つ 写真:Getty Images
ゴルファー特有の「マウンティング」も新規ゴルファーを遠ざける要因 写真:AC
1 2

最新記事