無断で立ち入る“自己中ゴルファー”急増中! 正しい対処が求められる「隣ホールへの打ち込み」

ラウンド中にはミスショットをしてしまい、隣のホールにボールを打ち込んでしまうこともあるでしょう。どのような手順で次のショットを打つのが正しいのでしょうか?

隣のホールに入る際は「あいさつ」を忘れずに

 気温の低い日が続く冬場のゴルフは、体が思うように動かずショットがなかなか安定しないと感じているゴルファーもいるはずです。そのため、ミスショットが増える傾向にあり、時には隣のホールに打ち込んでしまうこともあるでしょう。

隣のホールが近いと打ち込みが心配… 写真:AC
隣のホールが近いと打ち込みが心配… 写真:AC

 たとえ隣のホールに打ち込んでしまったとしても、ワンペナなどのローカルルールがなければ、プレーヤーはペナルティーなく次のショットを打つことができます。しかし、隣のホールでは他の組がプレー中の場合もあるので、むやみに立ち入ることはマナー違反です。

 では、誤って隣のホールに打ち込んでしまった場合、どのような行動を取るのが正しいのでしょうか?

 ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は、以下のように話します。

「まず、隣のホールに入る際に『失礼します』などと声をかけてから入るようにしましょう。ただし、声をかけるタイミングには注意が必要で、ショットを打とうとしているときや全員が打ち終わっていない場合は待機すべきです」

「当然ながら、プレーの優先権はそのホールのプレーヤーにあるので、全員が打ち終わるのを待ってから自分のショットを打ち、最後に『ありがとうございました』とお礼をしてからホールを出ましょう」

 中には、自分たちの進行に遅れが出ることを危惧して、隣のホールの組がプレーしているにもかかわらず、お構いなしに入ってくる人もいるそうです。

 また、「急がなければ」という気持ちが先行してしまい、誤って隣のホールでプレーする組のボールを打ってしまうケースもあります。ショットを打つ前に必ず、自分のボールかどうかを確認することも忘れてはいけません。

 近年は新規のゴルファーが多く参入していることから、飯島氏は「このようなマナーを知らないゴルファーが多くトラブルになりやすい」と話します。

「マナーを守らないというよりは『知らない』ゴルファーが多いのだと思います。かつてはキャディー付きのラウンドがスタンダードだったので、ゴルフのルールやマナーを教えてもらいながら覚える文化がありました」

「しかし、現在はセルフプレー(キャディーを付けないラウンド)が主流になってきたこともあり、正しい知識を学ぶ機会自体がそもそも減っています。新規のゴルファーに正しいルールやマナーをどのようにして知ってもらうのかも、ゴルフ場にとっては課題の一つです」

優先すべきは自分のホールに戻すこと

【写真】バンカーのならし方、レーキの置き方、きちんと初心者に教えられる?

画像ギャラリー

レーキをかける場合は柄をなるべく平行にしてならす 写真:Getty Images
レーキはバンカーの外に置くのが最も一般的 写真:AC
バンカーの内側にフチと平行に置くパターン 写真:AC
レーキのヘッドをバンカー内に入れ、柄の部分をフチと垂直に置くパターン 写真:AC
隣のホールが近いと打ち込みが心配… 写真:AC
隣のホールに打ち込んでしまった際は自分のホールに戻すことが最優先 写真:AC
1 2

最新記事