無断で立ち入る“自己中ゴルファー”急増中! 正しい対処が求められる「隣ホールへの打ち込み」

ラウンド中にはミスショットをしてしまい、隣のホールにボールを打ち込んでしまうこともあるでしょう。どのような手順で次のショットを打つのが正しいのでしょうか?

優先すべきは自分のホールに戻すこと

隣のホールに打ち込んでしまった際は自分のホールに戻すことが最優先 写真:AC
隣のホールに打ち込んでしまった際は自分のホールに戻すことが最優先 写真:AC

 隣のホールから打つ際は、状況によってショットの選択肢も変わります。木の上を高い弾道で打つのか、木と木の間を狙って低く打ち出すのかなど、難しい判断が求められるため、いくつかのシチュエーションを想定してクラブを数本持っていく必要があります。

 レッスンプロの三浦辰施氏は、隣のホールからのリカバリーショットについて、以下のように話します。

「確実に自分のホールに戻れるであろう場所に打つのが無難です。たとえ、ピンに近づくことができなかったとしても、自分のホールに戻ることを優先させるべきです」

「しかし、自分の番手ごとの弾道を把握していて『木の上を越えられる!』と判断した場合はグリーン方向に狙って打ってみてもOKです」

 中には「リカバリーショットで自分のホールに戻せるか不安」と感じるゴルファーもいるはずです。プライベートのラウンドであれば、仲間内のローカルルールとして「1ペナルティー」扱いでボールをピックアップし、自分のホールに戻す選択肢もあるでしょう。

 進行状況や自分の実力を鑑みて臨機応変に対応し、他の組の迷惑とならないような行動を心がけましょう。

【写真】バンカーのならし方、レーキの置き方、きちんと初心者に教えられる?

画像ギャラリー

レーキをかける場合は柄をなるべく平行にしてならす 写真:Getty Images
レーキはバンカーの外に置くのが最も一般的 写真:AC
バンカーの内側にフチと平行に置くパターン 写真:AC
レーキのヘッドをバンカー内に入れ、柄の部分をフチと垂直に置くパターン 写真:AC
隣のホールが近いと打ち込みが心配… 写真:AC
隣のホールに打ち込んでしまった際は自分のホールに戻すことが最優先 写真:AC
1 2

最新記事