「背中がちょっと痛い…」は要注意!? ゴルフでも十分起こりうる“骨折”の危険性

LUIS FIELD

2023年3月27日

ライフ

久しぶりのゴルフが決まって、気合を入れて練習するも「なんだか背中が痛い……」こんな経験はありませんか? ただの疲労と勘違いしやすい症状ですが、実は「骨折」していることも。ビギナーであれば「ミスショットをして手首が痛い…」なんてケースでも骨折している可能性があるといいます。

よくある症状は「背中の痛み」「腰痛」

 ゴルフは他のスポーツと比較して、激しい接触プレーやハードな動きが少ないこともあり、年齢や性別を問わず老若男女が楽しめるスポーツです。

 そのため、ゴルフに“骨折”のイメージはあまりないかもしれませんが、運動不足や加齢による筋力低下などから、骨折につながるケースは十分考えられるといいます。

ただの「腰痛」と思っていた症状が実は骨折しているなんてことも 写真:AC
ただの「腰痛」と思っていた症状が実は骨折しているなんてことも 写真:AC

 代表的な症状は「背中の痛みや腰痛」で、ゴルフ特有の前傾姿勢から体を大きく捻転させる動きが繰り返されることによって発症します。普段運動をしていない方や久しぶりにゴルフをする方は、筋力や柔軟性が低下している可能性もあります。

 ほかにも、意外な骨折の例として「肋骨(ろっこつ)の疲労骨折」が挙げられます。ゴルフで肋骨の骨折は考えにくいかもしれませんが、要因としては体を大きくねじる動作です。例えば、野球でもピッチングやバッティングといったねじる動きの繰り返しで、脇腹を痛める人がいるそうです。

 ゴルフも同様に捻転運動を繰り返しますが、負荷がかかりすぎると肋骨にヒビが入ってしまう可能性があります。筋肉痛と勘違いしやすい症状ですが、悪化する前に医療機関の受診がオススメです。

 また、ゴルフビギナーに多い骨折は「手首の骨折」。原因はミスショットによるもので、場合によってはヒジに負担がかかってしまうことも。ショット後に手首やヒジに違和感があった場合は、無理にプレーを続けると悪化する可能性があるため注意が必要です。

日頃からこまめにストレッチを
1 2 3

最新記事