ゴルファーに賠償責任! 自走式乗用カートのハンドル操作ミスによる事故が増加傾向

ゴルフ場での自走式乗用カートの事故が増加傾向だといいます。そこで、ゴルフ場関係者にカートで事故を起こしてしまった場合の賠償責任などについて聞いてみました。

自走式カート事故は最悪の場合、死亡する危険性もある

 近年はゴルフ場のプレースタイルがセルフプレー主体となり、乗用カートが必需アイテムになっています。

 乗用カートには自走式と電磁誘導式の2種類があります。自走式カートは自動車の運転と同じように運転手がアクセルを踏み、ハンドルを操作してカートを動かします。

 電磁誘導式カートは地中に埋設された電磁誘導線に沿ってカートが動きます。操作方法はカートに搭載された前進・停止ボタンを押すか、リモコンの前進・停止ボタンを押すかのどちらかです。

カートでの事故は、大ケガにつながる可能性はもちろんだが、壊れれば当然賠償責任も発生する(写真はイメージ)
カートでの事故は、大ケガにつながる可能性はもちろんだが、壊れれば当然賠償責任も発生する(写真はイメージ)

 自走式カートのメリットは機動性です。乗用カートをフェアウェイ乗り入れ可能にすれば、ボールの近くまでカートで行くことができます。乗り入れ不可でもカート道路を適切な速度で進行することで、スムーズなラウンドを実現することができます。

 電磁誘導式カートのメリットは安全性です。前のカートと衝突しないように安全センサーが搭載されていますし、走行速度をゴルフ場が自由に設定できますので、カーブや下り坂で減速することで事故のリスクを極力減らすことができます。

 日本のゴルフ場は、乗用カート導入当初は自走式が多かった印象があります。しかしハンドル操作を誤ってカート道路の外側に転落したり、木に追突したり、斜面に乗り上げて横転したりする事故が発生したため、電磁誘導式に切り替えるゴルフ場が増えました。

 電磁誘導式カートのほうが事故発生率は少なく、事故が発生したときの被害も小さくて済むようです。自走式カートは死亡事故が発生した事例もありますから、ゴルフ場が慎重になる気持ちも分かります。

 ただ、プレー進行のことを考えると電磁誘導式カートはデメリットもあります。走行速度が遅いですし、後続組をパスさせる際もカートにキーを差し込んで電磁誘導線からいったんはずす作業が必要になります。

 ラウンド慣れしているゴルファーは電磁誘導式カートではなく自走式カートでプレーできるゴルフ場を好む傾向があります。

乗用カートが破損したら損害賠償の責任を負わなければならない

【写真】カート運転もしやすい!? 最適シューズ選びの手順と緩みにくいヒモの通し方

画像ギャラリー

カカトのフィット感を確かめるには、手でシューズを動かしてみるといい。足とシューズが一緒に動くならフィットしている 写真:山上忠
カカトのフィット感を確かめるには、手でシューズを動かしてみるといい。足とシューズが一緒に動くならフィットしている 写真:山上忠
サイズが分かりにくかったらインソールを出して確認してみるといい。ツマ先に1センチの余裕があるのが理想です 写真:山上忠
サイズが分かりにくかったらインソールを出して確認してみるといい。ツマ先に1センチの余裕があるのが理想です 写真:山上忠
履いたら必ず立った状態で歩いたりスイングの形をつくったりして足に当たる部分がないかチェック 写真:山上忠
履いたら必ず立った状態で歩いたりスイングの形をつくったりして足に当たる部分がないかチェック 写真:山上忠
写真のようにシューホールの上2つを使って輪っかをつくり、紐の先を輪っかに通すようにすると、結ぶまでに緩まず調整もしやすい 写真:山上忠
写真のようにシューホールの上2つを使って輪っかをつくり、紐の先を輪っかに通すようにすると、結ぶまでに緩まず調整もしやすい 写真:山上忠
カートでの事故は、大ケガにつながる可能性はもちろんだが、壊れれば当然賠償責任も発生する(写真はイメージ)
破損の程度にもよるが、多額の賠償を請求されることもあるカート事故 写真:AC
1 2

最新記事