もしもの事態に備えゴルフ場が加入している保険 使う機会が最も多い“意外な”トラブルとは?

プレーヤーが「ゴルファー保険」に加入するように、ゴルフ場も万が一に備えて保険に加入しています。では、ゴルフ場が加入している保険、どんな場合に使うのでしょうか?

キャディーバッグの積み下ろしで車のバンパーを傷つける

 ゴルフ場関係者と話をしているとき、「ゴルフ場が加入している保険を使う機会が最も多いトラブルは何ですか?」と質問したところ、意外な答えが返ってきました。それはキャディーバッグを車から下ろすときに車に傷をつけてしまうトラブルだそうです。

 詳しい話をゴルフ場関係者に聞いてみました。

「ゴルフ場利用者の大半は車で来場されます。車で来場された方はクラブハウス前で一旦停止し、キャディーバッグや手荷物をポーターに預けるのが一般的な流れです」

クルマのトランクからキャデイーバッグを降ろすときに、バンパーなどにキズがついてしまうことがある(写真はイメージ)
クルマのトランクからキャデイーバッグを降ろすときに、バンパーなどにキズがついてしまうことがある(写真はイメージ)

「キャディーバッグを車から下ろす際は、車に傷をつけないよう、キャディーバッグの下にマットやタオルを敷くなどして十分に気をつけています。それでもときどき、次のようなご指摘をいただくことがあります」

「『キャディーバッグを下ろすときに“ゴン”と音がして、駐車場で確認したところバンパーに傷がついていた。これはさっきキャディーバッグを下ろしたときについた傷に違いない』というご指摘です」

「そういうときはキャディーバッグを下ろしたスタッフに状況を確認するのですが、このようなトラブルが発生するのはだいたい、クラブハウス前が混み合っていて忙しいときですから、本人は記憶がないのが典型的なパターンです」

「さらに普段はマットを敷いてキャディーバッグを下ろすのですが、そういう事例が発生したときは、急いでいるのでマットを敷いていなかったりします。そうなるとゴルフ場としましては100%やっていないとはいえなくなります」

「その傷はもしかしたら元からついていた可能性もありますが、ゴルフ場がつけた傷ではないことを100%証明できない限り、『申し訳ございませんでした。ゴルフ場の保険を使って直します』ということになります」

「ゴルフ場はお客様に起因するトラブルには保険を使いません。ゴルフ場に非があると認めた場合のみ保険を使います。お客様がゴルフ場内でケガをされても、ゴルフ場に非がなければ保険は使いません」

「ゴルフ場はお客様に損害を与えることはほとんどありません。ですから『お客様の車に傷をつけた』とか『お客様のクラブやキャディーバッグに傷をつけた』というのが保険を使う数少ない場面になります」

今後はキャディーバッグの積み下ろしもセルフ方式が増える?

【写真】ラゲッジにはキャディバッグ3本が限界!? ゴルファーも注目する新型プリウスの詳細画像

画像ギャラリー

世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
新型「プリウス」 ヘッドライト
新型「プリウス」 室内空間
新型「プリウス」 室内空間
新型「プリウス」 室内空間
新型「プリウス」 室内空間
新型「プリウス」 ラゲージ
新型「プリウス」 ラゲージ
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
世界中から注目を集めているトヨタの新型「プリウス」
クルマのトランクからキャデイーバッグを降ろすときに、バンパーなどにキズがついてしまうことがある(写真はイメージ)
セルフプレーが中心のゴルフ場ではキャディーバッグの積み下ろしは自分で行うのが主流になるかもしれない
1 2

最新記事