球技を経験していたらゴルフの感覚がつかみやすい!? 過去のスポーツ経験が活きるって本当?

大人になってから始める人が多いゴルフ。過去にやっていたスポーツがゴルフの上達スピードに影響することはあるのでしょうか?

運動経験がなくてもゴルフは上達しやすい

 ゴルフは学生時代に部活動に所属したり、習っていたりした経験がある人は少数で、ある程度年齢を重ねてから始める人がほとんどです。

 大人になってからでもゴルフが上達する背景には、過去に行っていたスポーツを活かすことができることも関係しているかもしれません。

力が強くない人は体全体を使ったスイングをしてくれる人が多い 写真:AC
力が強くない人は体全体を使ったスイングをしてくれる人が多い 写真:AC

 しかし全く運動経験がない人であっても、変なクセがついていないぶん、正しいスイングをゼロからつくりやすいこともあると山本氏は話します。

「力が強かったり、運動神経に自信があったりする人は、どうしても身体的な強度に頼ってクラブを振ってしまう傾向があるので、下半身や体全体をスムーズに使ったスイングになりづらい人もいます」

「力がそこまで強くない人は、体全体を使わないとボールが飛んでいかないので、自然と体全体を使ったスイングを教えたとおりに実行してくれる人が多い印象です」

 また球技経験者なのかスポーツ未経験者なのかによっても、レッスンの仕方や練習方法を変えているそうです。山本氏は以下のように話します。

「レッスンをしていて感じるのですが、球技をあまり経験したことがない人は距離感をなかなかつかめない人が多いです。そのような場合は、4時から8時までの振り幅でスイングするといった練習を行って、距離感を養うようにしています」

「やはり、その人に合わせたレッスンができるかどうかが大事だと思います」

 このように、過去にやっていたスポーツがゴルフに有利に働くケースもあれば、スポーツ未経験者であってもすんなりと上達していく人もいるので、一概にどちらがいいということはなさそうです。ゴルフは、比較的スポーツが苦手な人でも上達しやすいといわれているので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【写真解説】手首をタテに使って上達! 飛距離もミート率も上がるスイングの作り方

画像ギャラリー

バックスイングでも手首を親指側に折り、フォローでも手首を親指側に折るイメージを持つ
クラブを持った両手を自分から見て反時計回り回転させる
腕を固定していても手首をタテに使うだけで、クラブを大きく動かせる
手首をタテに使うと腕を大きく動かさなくてもクラブを大きく動かせる
バックスイングでもフォローでもヘッドが頭の高さぐらいにくるまでは体のラインよりも前にキープ
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
ノーコックだとバックスイングで体が起き上がったり、左足に体重が乗ってしまう
ノーコックだとバックスイングで体が起き上がったり、左足に体重が乗ってしまう
部活動やスポーツを経験したことがある人は例え話が通じやすい 写真:AC
力が強くない人は体全体を使ったスイングをしてくれる人が多い 写真:AC
1 2

最新記事