ちょっと高いけど上達の近道!? ビギナーこそラウンドレッスンを受けた方がいい理由とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

ちょっと高いけど上達の近道!? ビギナーこそラウンドレッスンを受けた方がいい理由とは?

レッスンプロと一緒にコースを回りながら指導を受けるラウンドレッスンは、どのようなことを学べるのでしょうか?

ラウンドレッスンは練習場では対応できない練習ができる

 レッスンプロとは別名「ティーチングプロ」と呼ばれており、生徒にゴルフの技術を教える職業になります。ゴルフライフをスタートする際に、既存ゴルファーから「絶対に最初はレッスンプロからスイングの基礎を学んだほうがいい」とアドバイスを受けたことがある人も多いかもしれません。

広大なゴルフ場では目標に対して真っすぐ向くことはベテランでも難しい 写真:AC
広大なゴルフ場では目標に対して真っすぐ向くことはベテランでも難しい 写真:AC

 レッスンは屋外やインドアの練習場で、実際にボールを打ちながら1時間ほどのレッスンを受けるのが一般的です。練習場では正しいスイング動作や、基礎的な体の動かし方を中心に教えていきます。

 またコースを一緒に回りながら指導していく「ラウンドレッスン」も存在します。ラウンドは「練習の成果を発揮する場所」のようなものなので、練習場だけの指導で事足りる気もしますが、ラウンドレッスンではどのようなことが学べるのでしょうか?レッスンプロの山本昌夫氏は以下のように話します。

「実は、練習場ではスイングの基礎的な部分は教えることができますが、ラウンドで役立つ実践的なところまで教えることはできません」

「ラウンドレッスンでは、目標に対して真っすぐ構えることや、コースマネジメントの仕方などを教えていきます。ライの悪い傾斜地からのショットや、バンカーからのショットは練習場で教えることが難しいので、あえてそのような状況から打つような練習も取り入れています」

 基本的に練習場のマットは、クラブが滑りやすい構造になっているので多少ダフってもボールが前に飛んでいきますが、芝からボールを打つコースではそうはいきません。

 また打席の中に収まってスイングをするので、なにも考えずスイングしても真っすぐボールが飛んでいきやすいですが、広大な自然のなかにあるコースでは、ベテランゴルファーであっても目標に対して真っすぐ向くのが難しいです。

いつもレッスンを受けているプロにラウンドレッスンを頼む

 さらに山本氏は、「いつも練習場でレッスンを受けているプロにラウンドレッスンをしてもらうのが一番いい」と話します。

「レッスンプロのなかには、ラウンドレッスンを中心に活動している人もいますが、日頃から教わっているプロとラウンドするのが一番効果的だと思います。正直、初対面の人とラウンドレッスンをするのは、教える側も教わる側もなかなか難しいです」

いつも指導してくれるレッスンプロとラウンドを回ると効果的 写真:AC
いつも指導してくれるレッスンプロとラウンドを回ると効果的 写真:AC

「生徒さんの実力を熟知しているプロであれば、『いつも指摘している悪い部分が出たからミスになったよ』、『こういうことが起きるからこの部分は重点的に練習していきましょう』と的確な指摘をすることができます」

「生徒さんも実際のラウンドで課題と対策が明確になり、練習するモチベーションが上がります。関係性も構築されているので、ざっくばらんに意見をいったり質問したりしやすいでしょう」

 ラウンドレッスンは、あくまで応用編になるので単発で受けたとしても劇的な成長はできないかもしれません。

 一方で、初ラウンドはレッスンプロとラウンドするのがオススメだと山本氏はいいます。

「初ラウンドの場合は、マナーやルールを教えてもらうことができるのでオススメです。マナーやルールはどちらかというと座学に近いので、ゴルフを熟知しているプロであれば、誰から教わっても変わりありません」

「クラブハウスでの過ごし方やゴルフカートの運転方法など、ゴルフ経験の浅い人だけで回ってしまうとプレーに集中する余裕がないぐらい、分からないことだらけになってしまうと思います」

「打球事故やトラブルに巻き込まれないためにも、できればレッスンプロもしくはベテランゴルファーと回るのが良いでしょう」

 身近にゴルフ経験豊富なベテランゴルファーがいない場合は、レッスンプロとの初ラウンドレッスンを検討してみても良いかもしれません。

【写真】ラウンドレッスンで合わせて覚えたい! バンカーのならし方、レーキの置き方

画像ギャラリー

レーキをかける場合は柄をなるべく平行にしてならす 写真:Getty Images
レーキはバンカーの外に置くのが最も一般的 写真:AC
バンカーの内側にフチと平行に置くパターン 写真:AC
レーキのヘッドをバンカー内に入れ、柄の部分をフチと垂直に置くパターン 写真:AC
広大なゴルフ場では目標に対して真っすぐ向くことはベテランでも難しい 写真:AC
いつも指導してくれるレッスンプロとラウンドを回ると効果的 写真:AC

最新記事