誰でも全国王者になれるチャンス!? 第7回ゴルフフェスタを9月1日から開催!

日本ゴルフ協会(JGA)と日本パブリックゴルフ協会(PGS)は、「スポーツ庁長官杯第7回ゴルフフェスタ全国大会2023」を9月1~30日まで開催すると発表しました。

ゴルフ界の活性化とハンディキャップ普及を目的

 日本ゴルフ協会(JGA)と日本パブリックゴルフ協会(PGS)は、ゴルフ界の活性化とハンディキャップ普及を目的とした「スポーツ庁長官杯第7回ゴルフフェスタ全国大会2023」を9月1~30日まで開催すると発表しました。

第7回ゴルフフェスタ 長官は室伏広治
第7回ゴルフフェスタ 長官は室伏広治

 競技は、個人と倶楽部競技対抗戦を用意。コースレーティングとスロープレーティングを持つ全国のゴルフ場を会場として、9月1日時点で有効なハンディキャップインデックスを所持しているアマチュアが参加できます。

 参加料は個人が500円、団体が2000円(複数回エントリーする場合はその都度参加料が必要)。9月30日まで申し込め、10月16日にJGAとPGSのウェブサイトで順位公表するとしています。

 個人戦はハンディキャップインデックスを取得しているゴルファーが、全国のコースレーティングとスロープレーティングのあるゴルフ場でプレーしたスコアを、査定・管理システム「J-sys(ジェーシス)」に登録することで順位を争うアンダーハンディキャップ競技です。優勝者にはスポーツ庁長官杯(持ち回り)やPGS記念品(ゴルフボール)などが贈呈されます。

 倶楽部競技対抗戦は、アンダーハンディキャップ競技の成績表から上位2人と下位2人の合計4人のネットスコアで他倶楽部と競います。優勝倶楽部には、JGAとPGSのロゴが入ったキャディーバックやPGS記念品(ゴルフボール)などが贈られます。

 ハンディキャップインデックスを取得しているアマチュアであればだれでも参加できるほか、開催期間中は何度でもエントリーが可能なため、コンペやプライベートでプレーしたスコアを登録してはいかがでしょうか。

優勝者に贈られるスポーツ庁長官杯などを見る

画像ギャラリー

優勝者に贈られるスポーツ庁長官杯
優勝者に贈られる盾
メダル
第7回ゴルフフェスタ 長官は室伏広治

最新記事