メタンガス爆発の万博会場と同じ“ごみ埋立地”だが…東京・若洲ゴルフ場が無事故を続けてこられた理由【小川朗 ゴルフ現場主義】

大阪・関西万博の開幕を来年4月に控えた人工島・夢洲の会場予定地で今年の3月28日に起きたガス爆発事故。夢洲と同じくごみ埋立地に造られた若洲ゴルフリンクスは、なぜ長期間にわたって無事故を続けてこられたのでしょうか。

地中の硫化水素やメタンガスを「放散管」で逃がしている

 2025年大阪・関西万博の開幕を来年4月に控えた人工島・夢洲(ゆめしま/大阪市此花区)の会場予定地で今年の3月28日に起きたガス爆発事故は、けが人こそ出なかったものの、各方面に衝撃を与えました。内外から2800万人を超える集客を見込む万博会場の一部で、メタンガスとみられる可燃性ガスが発生していることが広く知られることとなったからです。

 一方、同じような埋め立て地でありながらメタンガスの発生対策を講じ、現時点で確認できる平成18(2006)年度以降、18年にわたりガスによる事故が起きていない施設が東京にあります。「若洲(わかす)ゴルフリンクス」(東京都江東区)がそれです。東京で起きていない事故がなぜ夢洲では起きたのでしょうか。現場の意見を聞きました。

※ ※ ※

空から見た若洲ゴルフリンクスの姿 写真提供:若洲公園管理事務所
空から見た若洲ゴルフリンクスの姿 写真提供:若洲公園管理事務所

 事故は3月28日午前10時55分頃、「グリーンワールド」工区のトイレ1階部分で溶接作業中に発生した火花がガスに引火して爆発し、床が破損したというものでした。

 この工区は廃棄物処分場の埋め立て地で、店舗が入る営業施設などの建設が予定されていますが、すでに昨年11月の参院予算委員会でも福島瑞穂議員(社民党)にメタンガスの発生に伴う危険性を指摘されていました。

 これを受けて自見英子万博担当相は「大阪市が廃棄物の処理及び清掃に関する法律に関連する省令に基づき配管施設を設置し、また発生しているガスを大気放散していると聞いてございまして、万博の開催時に危険はないと考えているところでございます」と答えたことが、各マスコミに報じられていました。(※参考=第212回国会 参議院 予算委員会 第6号 令和5年11月29日 国会会議録検索システム(ndl.go.jp))

 自見大臣の発言にもある「ガスを大気放散」する管は「放散管」と呼ばれています。今回の事故現場にも約80本の放散管が埋められていたと言います。実は同じような生い立ちを持つ東京の「若洲ゴルフリンクス(以下若洲GL)」にも、87本(平成13=2001年時点)の放散管が、天を突きあげるように伸びています。

 この放散管を設置した東京都環境局の関係者によれば、若洲GLは旧15号埋め立て地に昭和40(1965)年から10年間にわたり、東京23区の家庭から出た生ごみ1844万トンが集積され、現在の東京都庁の建設で出た客土とごみをサンドイッチ方式で埋め立てていった埋め立て地の上にあります。ここに長さ30メートルの鋼管を埋め込み、地上に1~2メートル程度突き出し、地中に滞留している硫化水素やメタンガスを空中に放散させているのが「放散管」です。なお、放散管はゴルフ場整備時に継ぎ足され、現在では高さ3~4メートルにもなっています。

 通常よりもはるかに軟弱な地盤だけに、2494.91平米もある巨大なクラブハウスの下に50メートル程度の基礎杭を88カ所に打ち込むことで沈下を防いでいます。その一方で造成当初フラットだったゴルフ場は、場所によっては地下のメタンガスが放出されたことにより、最大で2メートルもの地盤沈下が起きているといいます。その結果、コースのアンジュレーションが強調されるという副産物も生まれました。ちなみに現在、コース内で最も高いところは、標高18.3メートルあるとのことです。

オープン時はゴルフ場内を全面禁煙としていた

 それだけのメタンガスが放出されていたため、若洲GLのオープン当初に筆者がプレーした際は、ゴルフ場内が全面禁煙となっていました。それはもちろん、今回夢洲で起きたようなアクシデントを回避するためにしたものと思われます。若洲GLはこれまで、記録が残る18年間にわたり無事故を更新中。現在は所定の場所であれば喫煙も可能になっています。実は生ごみの中から放出されているのは、メタンガスばかりではないのです。人体に有害で引火性のある硫化水素も、地中から放出されています。

 若洲GLの関係者は「硫化水素は引火性で、芝の根に悪影響を与えるガスもあります。芝枯れなどが発生した箇所でガスの影響が疑われる場合は、芝を剥ぎ土中のガス調査を行っています」としたうえで、こう続けました。「そこで硫化水素が検出され、芝生の状態が悪いエリアは、芝を剥ぎ、定期的に張り替えを行っています」。

 硫化水素はゴルフ場にとってかなりの難敵であるわけです。それだけに「硫化水素は検出されても土中なので、引火の危険性は低いと思いますが、芝の育成に影響があると思われるエリアは定期的に土中のガス濃度を計測しています」(若洲GL関係者)。1990年の開場から34年が経過しても常にゴルフ場の状態を観察し続け、わずかな変化が見つかれば対策をいち早く講じ、アクシデントを未然に防いできたのです。

 2025年日本国際博覧会協会の関係者も、今回の事故を受けて次のように語っています。

「まず、(作業)手順の見直しを行っております。作業のときに、今までガスの溜まる恐れのある箇所として埋め立てのガス抜き管周りでの測定というのは常に見直ししていたんですけども、(今後)屋内作業に関してはその他大量の恐れがあるような箇所、狭くなっていてガスが溜まるという恐れがあるところ、ピット内、天井内空間、天井面付近等、こういったところに関しても濃度の測定を徹底します。自然換気に加えてガスの濃度が一定以上確認された場合は、機械換気等によって換気を迅速にを行って、基準値未満であることを徹底してから作業を開始することとします。専門家の方の意見もお伺いして、これらを再発防止策とさせていただいております」

 目に見えないメタンガスや硫化水素の滞留をいかにして発見し、事故を未然に防ぐのか。内外から2800万人を超える集客を見込む万博会場で、イベント期間中に事故が起きれば開催の是非にまで議論が発展することは間違いありません。急ピッチに準備が進む中で、どう安心・安全を担保していくのか。厳しい目が大阪の万博会場に注がれています。

取材・文/小川朗
日本ゴルフジャーナリスト協会会長。東京スポーツ新聞社「世界一速いゴルフ速報」の海外特派員として男女メジャーなど通算300試合以上を取材。同社で運動部長、文化部長、広告局長を歴任後独立。東京運動記者クラブ会友。新聞、雑誌、ネットメディアに幅広く寄稿。(一社)終活カウンセラー協会の終活認定講師、終活ジャーナリストとしての顔も持つ。日本自殺予防学会会員。(株)清流舎代表取締役。

【写真】思った以上に高い! これが若洲の安全を守る「放散管」です

画像ギャラリー

若洲ゴルフリンクスの随所に突き出る放散管 写真提供:若洲公園管理事務所
空から見た若洲ゴルフリンクスの姿 写真提供:若洲公園管理事務所
スマホ完全禁止のマスターズでは、外部と連絡をとる手段は公衆電話のみ
「禁止されている品目」として、大きく注意喚起されている
電子機器(携帯電話、ノートパソコン、タブレット、ポケットベル等)、ラジオ、テレビや音楽再生機器、旗、横断幕等、カメラ(静止画を個人的に使用するだけなら練習日は撮影可能)、足先の尖ったイス、折り畳みのひじ掛けイス、折り畳みでないイス、ベビーカー
飲食物、メタルスパイクシューズ、はしご、潜望鏡、セルフィー・スティック、約25センチ×25センチ×30センチ以上のリュックやバッグ
設計コンセプトの集大成ともいえる、PGMマリアGLの17番ホールの浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
両サイドにいくつものマウンドが連なるPGMマリアGLの9番ホール 写真:ゴルフ場提供
日本庭園を思わせるPGMマリアGLの18番ホールの白砂バンカー 写真:ゴルフ場提供
新・西山荘CC17番ホールの浮島グリーン。スリリングな興奮を味わおう 写真:ゴルフ場提供
超ロングバンカーが強烈な存在感を示す新・西山荘CCの6番ホール 写真:ゴルフ場提供
常連のプレーヤーが「火星のよう」と表現する新・西山荘CC13番ホール。難易度も他の星レベル!? 写真:ゴルフ場提供
ピートダイGCロイヤルC8番の浮島グリーン。コースは、ピート・ダイの設計理念がギュッと凝縮された造りになっている 写真:ゴルフ場提供
距離感を合わせるのが難しいピートダイGCロイヤルCの12番ホール。アゲンストの風も難易度を上げる 写真:ゴルフ場提供
“恐怖の浮島グリーン”の本家本元、TPCソーグラス17番 写真:Getty Images
“恐怖の浮島グリーン”の本家本元、TPCソーグラス17番 写真:Getty Images
“恐怖の浮島グリーン”の本家本元、TPCソーグラス17番 写真:Getty Images
慎重なショットで攻めないと非常に厳しいゴルフ5カントリーオークビレッヂ18番 写真:ゴルフ場提供
津カントリー倶楽部9番ホール。写真中央にあるのがリベットバンカー 写真:ゴルフ場提供
津カントリー倶楽部18番ホール。豊かな自然とバンカーが描く曲線は実に美しい 写真:ゴルフ場提供
鹿島の杜カントリー倶楽部17番のグリーンサイドにある、通称モンスターバンカー 写真:ゴルフ場提供
バンカーの形は“リンゴのかじり跡”にヒントを得たというゴルフコース 写真:ゴルフ場提供
写真左下にあるのが、ゴルフ5カントリーオークビレッヂ17番の日本一アゴの高いバンカー 写真:ゴルフ場提供

最新記事