2016年まで女人禁制! 全英女子OPを開催する超名門「ミュアフィールド」ってどんなゴルフ場?

2022年米女子メジャーの最終戦となる「AIG全英女子オープン」。今年は8月4~7日にスコットランドの名門、ミュアフィールドで初開催されます。これに先立ち、本コラムでもおなじみの前田信吾さんが現地でプレー、知られざるミュアフィールドの魅力について話してくれた。

クラブハウス内は撮影禁止! ミュアフィールドでプレーを体験

 会員権情報コラムでもおなじみの加賀屋ゴルフ代表・前田信吾さん。年に一度は視察もかねた海外プレーをライフワークにしているのだが今年7月、全英女子OPの初舞台となるミュアフィールドに降り立ち、一足先にプレーを満喫してきたそうです。

「ミュアフィールドでプレーした7月7日は、なんと私の61歳の誕生日。世界最古のゴルフクラブで誕生日を迎えられる日本人って、そうそういないでしょう。最高の記念になりました!」と前田さん。

ミュアフィールドを実際にラウンド、レポートしてくれた加賀屋ゴルフ代表・前田信吾さん
ミュアフィールドを実際にラウンド、レポートしてくれた加賀屋ゴルフ代表・前田信吾さん

「当日は通常のプレーをした後、クラブハウスでネクタイ&ジャケットに着替えてからメンバーダイニングでブッフェ形式のランチタイム。みんな、紳士に見えます。ちなみに私、ゴルフ場でネクタイをしてランチを食したのは、これが人生初めてであります」

 ランチを堪能した後は再びプレーへ。「午後は2ボール4サムで再度1ラウンドをプレーするという形式。ミュアフィールドでは2人対2人で1個のボールを交互に打つ“フォアサム”も盛んだそうで、我々もそれに準じた競技方式で2ラウンド目を楽しんだというわけです」

 どれもこれもうらましい話ですが、まずゴルフ場到着時はどんな感じなのでしょうか?

「ほかのスコットランドのゴルフ場とは、駐車場から違います。まず、屋根が付いています。さらに、ほかのゴルフ場とは格が違うとばかりに、駐車場にゴルフバッグを運ぶ専用トラックがやってきて、我々のゴルフクラブを運んでくれるんです。その後、スターターの方から注意事項を伺います。携帯電話の使用は不可、クラブハウス内での写真は絶対ダメ! などです」

 クラブハウスで着替えた後は、しばしティータイム。実に優雅です。そちらに備えられている新しいコースボールで少々ボールを打ち、パターを転がしたら、いよいよスタートです。

「前半の通常プレーでは、一人が一人のキャディーを伴ってプレーしました。僕のキャディーは同じ歳のニオ。ミュアフィールドは“ゴーイングアウト・カミングイン”ではなく、リンクスでは珍しい時計回り。アウト9ホールは時計回りに外円を描き、イン9ホールはその内側を逆方向に回るコースなんです」

「日本的な1番と9番がクラブハウスを隔てて右と左に位置しています。日本人にとっては馴染みのあるレイアウトではないでしょうか。ちなみにミュアフィールドは、アウト36イン35からなるパー71のゴルフ場であります」

 ミュアフィールドを実際にプレーした感想を聞くと、「とにかく高貴なゴルフ場ですね。今まで経験したことのあるリンクスコースとは、ちょっと格が違うなと。景観的には遠くに海岸線が見える、とても平らかなコースです。リンクスなんだけどリンクスっぽくないというか、どこか不思議な感覚のあるコースだと思います」

 前週のスコットランド女子OPで本格参戦初年度に米ツアー初勝利を飾った古江彩佳や全英女子OP連続5回出場の畑岡奈紗、楽天スーパーレディースで史上初のノーボギーVの快挙を成し遂げた勝みなみら日本の精鋭が集結するミュアフィールド。

 今大会で栄冠を手にするのは、果たして誰か? 世界で活躍をみせる日本勢に、大いに期待したいところです。

【監修】加賀屋ゴルフ代表 前田信吾さん

ゴルフ会員権取引を行う加賀屋ゴルフ代表取締役。ここ10年は、2日に1回の割合でラウンドを楽しむゴルフの達人(昨年は年間229回!)。独自の視点を生かしたゴルフ場の比較&検討に定評アリ。

この記事の画像一覧へ(11枚)

画像ギャラリー

特徴的で難しいバンカーがプレーヤーを苦しめる
ミュアフィールドのドライビングレンジ
駐車場からキャディバッグを運んでくれるトラック
1番ティーイングエリア
特徴的なティーマーク
試合では選手を苦しめそうなアゴの高いバンカー
コース内には特徴的な石垣がある
フェアウェイを外すと、出すだけでも苦戦しそうなフェスキューが待ち構える
これぞリンクス、というレイアウトの超名門「ミュアフィールド」
2013年にミュアフィールドで開催された全英OPを制したP・ミケルソン 写真:Getty Images
ミュアフィールドを実際にラウンド、レポートしてくれた加賀屋ゴルフ代表・前田信吾さん
1 2

最新記事