打感が「軽い」!? キャロウェイ「JAWS RAW」ウィメンズを女性目線でインプレッション | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

打感が「軽い」!? キャロウェイ「JAWS RAW」ウィメンズを女性目線でインプレッション

ギア&レッスンで人気インドアゴルフレンジKz亀戸店の女性店長を務める石井さんは、ゴルフ歴4年のエンジョイゴルファー。最近は90切りするためのギアにも興味津々。そこで、話題のキャロウェイゴルフ「JAWS RAW」ウェッジの試打インプレッションしてもらいました。

女性ゴルファーにとってアプローチは飛ばしと同じくらい重要

 女性ゴルファーの私たちにとって、女子プロのように遠くまでボールを飛ばしてダイレクトにピンを狙うなんて、とてもできないと考えています。

 男性ゴルファーには「ティーが前にあって楽だね」なんて言われそうですが、特に体育会系でもないフツーの女性ゴルファーがレディースティーでプレーした場合、頑張ってドライバーを飛ばしてもセカンドショットでショートアイアンを使うなんて滅多にありません。

男性ゴルファーに人気の“ノーメッキ”や“スピン性能”は、女性ゴルファーでも「本当なの?」と気になる
男性ゴルファーに人気の“ノーメッキ”や“スピン性能”は、女性ゴルファーでも「本当なの?」と気になる

「まずは100切り」なんてプレッシャーをかけられながら、グリーン周りのアプローチで2パット圏内に乗せる事を目標にプレーしています。

 キャロウェイゴルフ「JAWS RAW」ウェッジがインドアゴルフレンジKz亀戸店の男性ゴルファーにも話題になっていますが、「いつも男性用の最新モデルばかりでズルいな~」と思っていたら、何と女性用モデルもラインアップされていました。

 そこで打ってみました。ノーメッキだからスピン性能でピタッと止まるというなら、いつも苦労しているアプローチでワンパット圏内に寄せられるかも知れないですから。

「硬い」や「柔らかい」ではなく「軽い」打感

 キャロウェイゴルフの「JAWS RAW」ウェッジ、フェース部分が少し錆びそうな感じなのは、軟鉄素材“ノーメッキ”だからなんですね。

 普通は錆びないようにメッキしていることも初めて知りました。昔の軟鉄ノーメッキウェッジは全部錆びちゃったそうですが、「JAWS RAW」ウェッジはボールが当たるフェース面だけがノーメッキで、他の部分は錆びないようにメッキしてあるんですね。

部分的なノーメッキ仕様なので、お手入れが簡単なのもうれしい
部分的なノーメッキ仕様なので、お手入れが簡単なのもうれしい

 持った感じは、今使っているクラブより軽そうな気がします。男の人は「重い方が良い」なんて言いますが、女性ゴルファーはラフから打った時の衝撃で当たり負けしない方がうれしいです。

 実際に打ってみると、「フワッ」って軽い打感がします。ノーメッキの方が打感が柔らかくなるそうですが、私の場合は硬いor柔らかいと言うより「軽い」からボールをきちんと運べるイメージがありました。

 インドアゴルフレンジKz亀戸店の打席は、コースボールを使用してスピン量など弾道計測も出来ます。確かに同じ距離を打った場合のスピン量が少し増えたのですが、手応えで感じるのは「軽い」インパクト感覚と、フワッとボールが上がるようなフィーリングでした。

 実際の芝の上から打った場合に、どんな弾道で飛んで止まるのか? この「良い感覚」が寄せワンにつながるのかが気になりました。

セットクラブのウェッジと「意地悪な」打ち比べテスト

 最後に、普段使っているサンドウェッジと打ち比べてみました。打ち慣れている「ソレイユ」のサンドウェッジと「JAWS RAW」ウェッジでは素材もコンセプトも全く異なりますが、ハッキリと違いを感じることができました。

 正直言ってどちらのウェッジのスピン量が多いかなどは、毎回うまく打てるわけじゃないので評価できる立場ではないです。でも、打った時の硬さというか、「JAWS RAW」ウェッジの方が柔らかく、ボールが飛ぶイメージは何となく実感できたような気がしました。

女性用フルセットクラブのSWと「JAWS RAW」ウィメンズを打ち比べると、結果とフィーリングにハッキリと違いがあった
女性用フルセットクラブのSWと「JAWS RAW」ウィメンズを打ち比べると、結果とフィーリングにハッキリと違いがあった

 うまく表現できないのですが、「空飛ぶ絨毯」みたいなボールの飛び方でフワッと上がるのが「JAWS RAW」ウェッジ。使い慣れてるセットクラブのウェッジは比べてしまうとライナーっぽい飛び方というか「カツッ!」とトップしそうな感覚なんだなと思いました。

 100切りしただけの私が、「単品ウェッジなんか使うべき腕じゃない」ことは分かっているのですが、可愛い服を見つけてコースで着たくなる感覚と男性ゴルファーが新しいクラブを手に入れてコースに向かう気持が似ているような気がしました。

 まだ何回か90台でラウンド出来るようになったばかりですが、今度は「JAWS RAW」ウェッジをコースで使ってみたいと思いました。

【画像32点】ソール形状もいろいろ!「JAWS RAWウェッジ」全部見せます

画像ギャラリー

タングステン(ロフト54、56度 はいちばん外側のポートに1つ、 58、60度は外側2つのポート に装着)
ノーメッキ フェース
37Vグルーブ& マイクロフィーチャー
Sグラインド
Wグラインド
Xグラインド
Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
男性ゴルファーに人気の“ノーメッキ”“スピン性能”は、女性ゴルファーだって「本当なの?」と気になる
部分的なノーメッキ仕様なので、お手入れが簡単なのもうれしい
女性用フルセットクラブのSWと「JAWS RAW」ウィメンズを打ち比べると、結果とフィーリングにハッキリと違いがあった

最新記事