グリーンでピタッと止まるのは8番まで!? ピン「i530アイアン」をHS40m/sの男が試打【ガチ試打40】

YouTubeチャンネル「しだるTV」では、石井良介プロがさまざまなクラブをトラックマンで計測しながら試打し、レビューする様子を動画でお届けしています。メンバーシップ限定動画では、スタッフの芥川順哉(ヘッドスピード40m/s)も試打レビューを行っています。そのレビュー内容をe!Golfでも紹介します。今回試打したのは、ピンの「i530」アイアンです。

美しいフォルムの“飛び系ツアーアイアン”

 石井良介プロがさまざまなクラブをトラックマンで計測しながら試打、レビューする様子が大人気のYouTubeチャンネル「しだるTV」。そんな「しだるTV」ではメンバーシップ限定動画として、スタッフの芥川順哉(ヘッドスピード40m/s)も試打レビューを行っています。

 そこで、どこにでも居る「ヘッドスピード40m/s男」による試打レポートを紹介します。今回はピン「i530」アイアンです。

 ピンのホームページを見ると、i530アイアンには「飛び系ツアーアイアン」なるキャッチコピーがつけられています。“飛び系”と“ツアーアイアン”、一見すると矛盾する内容に見えます。

大人気のYouTubeチャンネル「しだるTV」のメンバーシップ限定動画を記事化。今回はピン「i530」アイアン
大人気のYouTubeチャンネル「しだるTV」のメンバーシップ限定動画を記事化。今回はピン「i530」アイアン

 構えてみると、フォルムの美しさもあって、実際の大きさ以上にコンパクトに見え、狙う気にさせてくれます。

 ただ、自分の「7番」と同じ感覚でアドレスすると、かなりロフトが立って見えるので、それなりにプレッシャーは感じます。

 実際に打つと、中空構造ではあるのですが「中空っぽいパチンパチンと弾くような」打感ではありませんでした。さすがに、1枚板のハーフキャビティやマッスルバックと比較して打感がいいとまではいえませんが、個人的には、中空アイアン史上もっとも心地よい打感に感じられました。

 この打感と、見た目のコンパクトさからくる操作性も相まって、”ツアーアイアン”と呼んでいるのだと感じました。

着弾角を計測するとグリーンで止まるのは8番までという結果も

 7番アイアンでナイスショットした時のデータが下の写真になります(試打した日はややアゲインストの風、体感2~4℃という悪コンディション)。

 “ツアーアイアン”と銘打ってはいるものの、ロフト設定からも明らかに”飛び系”アイアンなワケです。私が使用している7番アイアンよりも1番手飛んでいました。

ヘッドスピード40m/sのアマチュア試打結果
ヘッドスピード40m/sのアマチュア試打結果

 しかし、ここで気になるのは着弾角(ランディングアングル)。写真右下の数字です。普通のグリーンなら40度くらいあれば止まるといわれますが、ナイスショット時で37.7度。もしかしたら、直接グリーンにキャリーしたら、グリーン奥まで転がってしまうかもしれません。

 実際に試打したこの時も、きちんと高さが出て、着弾角が確保できたのは8番アイアンまででした。

 ロフト的には8番アイアンが、普通のアイアンの7番に該当するので、この辺は仕方ないのかなとも思います。

 形も打感もいいので、あと2、3度ロフトを寝かせるか、アメリカにあるレトロスペック(7番31度)を日本でも展開してほしいと思ったのが正直なところです。

芥川順哉(あくたがわ・じゅんや)

1970年生まれ。スポーツ誌、若者向け情報誌、ゲーム誌、ゴルフ雑誌編集、ゴルフ専門サイトの編集長を経て独立。現在は、フリーランスのライター、編集をしながら、YouTubeチャンネル「試打ラボしだるTV」スタッフとしても活動中。

※YouTubeチャンネル「しだるTV」のメンバーシップ限定動画内では、全番手(UW~4番)を試打。各番手のナイスショット時の実際の弾道やデータ、打音など、より詳細にお伝えしています。

【写真】カッコいいのに飛び系! ピンの飛び系アイアン「i530」と「G730」をじっくりチェック

画像ギャラリー

ピン i530 アイアン
ピン i530 アイアン
ピン i530 アイアン
ピン i530 アイアン
ピン i530 アイアン
ピン i530 アイアン
ピン G730 アイアン
ピン G730 アイアン
ピン G730 アイアン
ピン G730 アイアン
ピン G730 アイアン
ピン G730 アイアン
大人気のYouTubeチャンネル「しだるTV」のメンバーシップ限定動画を記事化。今回はピン「i530」アイアン
ヘッドスピード40m/sのアマチュア試打結果

最新記事