「重いスチール=難しい」は間違い!? ドライバーのシャフト重量を基準にしたアイアンシャフトの選び方とは?

ドライバーのシャフト選びはこだわっているのに、アイアンのシャフトには無頓着な人は結構多いです。しかし、いざアイアンのシャフトを選ぼうと思っても、どういう基準で選べばいいのか分からない人も多いはずです。そこで、ゴルフフィールズユニオンゴルフ店の小倉勇人店長に基準となる選び方を聞きました。

アイアンシャフトに迷ったらドライバーとの重量差を考えて選ぶ

 シャフトはクラブの振り心地を左右するパーツであると同時に、クラブの総重量を決める重要な役割を担っています。「適正な重さ」であることが重要だということはわかっていても、どのくらいが適正なのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

 とくにアイアンはドライバーよりも複雑で重量帯の選択肢も多いことから、判断が難しいところです。そこでドライバーを基準にしたアイアンシャフト選びのコツを、ゴルフフィールズユニオンゴルフ店の小倉勇人店長に教わりました。

アイアンのシャフト選びでは、スチールやカーボンといった素材にはこだわるが、重量などはあまり気にしていない人は多い 写真:AC
アイアンのシャフト選びでは、スチールやカーボンといった素材にはこだわるが、重量などはあまり気にしていない人は多い 写真:AC

 ドライバーのシャフトは、一般的な男性アマチュア向けのものは50グラム台が主流です。カスタムシャフトを含めても、おおむね40、50、60、70グラム台という感じに分かれていて、自分の適性はだいたいこれぐらい、という目安を持っている人も多いでしょう。

 一方でアイアンシャフトは、スチールシャフトでも70グラム台から130グラム台まで幅が広く、ドライバーよりも「この辺」と絞りにくく感じている人もいるのではないでしょうか。

 そういう場合は、ドライバーのシャフト重量をひとつの目安としてアイアンシャフトを選ぶのがオススメです。

「すべてに当てはまるわけではないのであくまで目安として考えてほしいのですが、ドライバーの長さが45.25インチだと仮定すると、50グラム台のシャフトが装着されている場合は総重量が295グラム前後になるのが一般的です。これに対して、38インチのアイアンでこれよりも100グラム重いくらい、つまり395グラム前後がアイアンの適正重量だというのが古くからの定説です」(小倉店長)

 ここで「38インチのアイアン」と表現したのは、近年アイアンは長くなってきており、38インチはひと昔前のアイアンなら5番アイアンに相当する長さでしたが、いまでは6番や7番アイアンが38インチというケースもあるためです。

 いずれにしても、アイアンに90グラム台のスチールシャフトを装着した場合におおむねこのくらいの重量になりやすいそうです。アイアンシャフトの大ヒット商品「NSPRO950GH」などがまさにこの重量帯。

 ドライバーのシャフトが純正のSならアイアンはNS950、というのが定番化しているのは理に適っているのです。

軽い=やさしいではない! 適正重量を選ぶことが大事

 しかしフィッティングの現場では、ドライバーに50グラム台のシャフトを使っている人でも、90グラム台のアイアンシャフトでは「重すぎる」と感じて敬遠する人が多いそうです。

「90グラム台のスチールシャフトは、イメージや、持ったときの印象などから『重い』という先入観を持っている人が多いんですが、50グラム台のドライバーを振れているなら決して重くありません」

「軽い=やさしいという思い込みから、アイアンシャフトを軽めにしたいと考える方もいます。でもここでアイアンのシャフトを必要以上に軽くするのはミスの原因にこそなれ、決してやさしくはならないということを知っておいてほしいですね」(小倉店長)

 目安としては、ドライバーが50グラム台ならアイアンは90グラム台というのが一つの基準。ドライバーが60グラム台ならアイアンは100グラム台ということになりそうですが、こちらはもう少し重くてもOK。

 ドライバーが40グラム台ならアイアンは70~80グラム台と少し軽めでもOKという感じです。単純な増減になるとは限らず、多少の幅もあっていいとのことですので、これを参考に実際に試打などして決めるのがよいでしょう。

 なお、これはスチールシャフトの場合だそうです。90グラムを超える重量級カーボンシャフトは、同じ重量のスチールシャフトよりも重く感じる傾向にあるそうなので、カスタムでカーボンシャフトを選ぶ際は注意してください。

「今回説明したのはあくまで目安としての例ですので、これが絶対ではありません。しかし軽いシャフトのほうがやさしいと思い込んでいる人は多いので、あくまで適正であることが大事だということは忘れないでほしいですね」(小倉店長)

【写真】石川遼のアイアンシャフトは何? 最新セッティングをチェックする(2024年6月)

画像ギャラリー

キャロウェイ パラダイム Ai スモーク ◆◆◆(トリプルダイヤモンド) ドライバー(10.5度) シャフト:Tour AD GC プロトタイプ (60g台、硬さS)
キャロウェイ パラダイム Ai スモーク MAX フェアウェイウッド(3番15度) シャフト:Tour AD TPプロトタイプ(70g台、硬さX)
キャロウェイ APEX UW<2022年>(3番19度、4番23度) シャフト:Tour AD UB(3番 8X/4番 9X)
キャロウェイ APEX MB アイアン ツアーバージョン(5番~PW) シャフト:日本シャフト モーダス3 システム3 プロトタイプ
キャロウェイ JAWS RAW(ジョーズ ロウ)ウェッジ(50、54、58度) シャフト:日本シャフト モーダス3 システム3 プロトタイプ
オデッセイ ホワイトホット XG #7 H CS プロトタイプ
キャロウェイ クロムツアーXボール<2024年>
石川遼のキャディバッグの中身を調査
アイアンのシャフト選びでは、スチールやカーボンといった素材にはこだわるが、重量などはあまり気にしていない人は多い 写真:AC
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる

最新記事