キレッキレのショットでピンを狙える! アスリート女子ゴルファーがグラファイトデザイン「Raune」を試打

ゴルフシャフトメーカー、グラファイトデザインの試打会で、女子ゴルファーたちの注目を集めたアイアン用シャフト「Raune(ラウネ)」。その現場にて、彼女たちの「打ってみての生の声」を聞きました。

ウェッジ用から誕生したシャフト「Raune」

 もっと飛距離を伸ばしたい、もっとショットを安定させたい……ゴルファーなら誰もが望んでいることです。そして競技に挑戦するようなアスリートともなると、女子でも多くのプレーヤーがリシャフトするなど、ギアをカスタマイズしています。

 2022年に開催された企業対抗レディストーナメントの、予選会会場で行われていたゴルフシャフトメーカーのグラファイトデザインによる試打会にて、女子ゴルファーの注目を集めていたギアのひとつが、アイアン用シャフト「Raune(ラウネ)」でした。彼女たちはこのシャフトに、どのような魅力を感じたのでしょう。

球が上がりやすく、ピンポイントで狙えるアイアンシャフトと、試打会参加者からも高く評価された「ラウネ」 写真:山上忠
球が上がりやすく、ピンポイントで狙えるアイアンシャフトと、試打会参加者からも高く評価された「ラウネ」 写真:山上忠

 その前に、「ラウネ」にはどのような特性があるのか、グラファイトデザインの石井康広さんは次のように話します。

「もともと、当社にはおなじみの『ツアーAD』シリーズのアイアン用シャフトがあったものの、重量が軽くても『硬い』という声が多く、もう少しやさしいモデルを作りたいというニーズがありました。

 こちらのシャフトは、当初はトッププレーヤーを満足させるウェッジ用として開発をスタートさせました。そうしたところ材料の工夫で、柔らかな打感を持ち、しなりを感じてボールをフェースに乗せられるような特性をかなえることができたので、『これはアイアンやハイブリッド用にも活かせる』ということで生まれたシャフトです。

 誰が打っても楽に球を上げられて、しなりを感じられる。さらにスピンも入り、アイアンシャフトに求められる性能をしっかり詰め込んだやさしいモデルとして、作り上げることができました。番手ごとにゴルファーが求める性能、弾道をかなえたモデルになっています」

誰が打っても楽に球が上がって、スピンが入るアイアン用シャフト「ラウネ」に自信をのぞかせるグラファイトデザインの石井康広さん 写真:山上忠
誰が打っても楽に球が上がって、スピンが入るアイアン用シャフト「ラウネ」に自信をのぞかせるグラファイトデザインの石井康広さん 写真:山上忠

 石井さんによると、「ラウネ」のアイアン用モデルは60グラム台、75グラム台、90グラム台、105グラム台をラインナップしており、女性のヘッドスピードなら60グラム台、75グラム台がおススメとのことです。

しなりを感じてフェースに乗せる感覚で打てる! これなら狙える!

 上述の試打会にて、実際に試していた選手たちに、その感想を聞きました。

 60グラム台の「ラウネ アイアン i60 Rスペック」を試打したAさんは、「すごく方向性がいいですね。自分が打ちたい方向に、いい感じの高さで飛んでいきます」といいます。

「アイアンショットは、少し苦手なイメージを持っていたのですが、このシャフトなら、そのイメージも払しょくできそうです。最近、『6番アイアンは打てない』としまいこんでいたのですが、このシャフトなら、球も拾いやすいし、弾道の高さも出せるので、やさしく感じます。

 ユーティリティだと、スピンが入りにくいので、奥にこぼれてしまうことが多いのですが、アイアンで高さが出れば、狙ったところに止められそうですね」(Aさん)

「スピンも入りやすく、アイアンの性能をしっかり引き出してくれるシャフトですね」という声も多く聞かれた 写真:山上忠
「スピンも入りやすく、アイアンの性能をしっかり引き出してくれるシャフトですね」という声も多く聞かれた 写真:山上忠

 Aさんからは「打っていて気持ちがいい」という声も聞かれました。

重さも感じず振りやすい! 安定感もあってバラつきが少ない

 続いて、75グラム台の「同 i75」を試したBさんは「安定しますね。バラつきが少ないです。75グラム台とのことですが、重さは感じないです。いや、逆にこれくらいのほうが重さで振っていけるイメージです」と話します。

「シャフトでこんなにショットが変わるんですね」と驚く女性も多く、気持ちのいい球を連発し、「ラウネ」に魅了されたよう 写真:山上忠
「シャフトでこんなにショットが変わるんですね」と驚く女性も多く、気持ちのいい球を連発し、「ラウネ」に魅了されたよう 写真:山上忠

「i60も試しましたが、i75のほうが当たると気持ちいいですね。普段、6番はユーティリティなんですが、この6番アイアンなら打ちこなせそうです。重さはあるけど、しなりを感じます。

 重さがあると、手打ちになりにくく、身体を使ってスイングできるので、ショットが安定します。自分で打ちにいかなくなって、クラブに運んでもらうくらいの気持ちになりますね。

 こんなに感触がいいと、今、自分が使っているクラブが合っていないように感じられて、少し悲しい気持ちです(笑)」(Bさん)

 Bさんは、続けて「実はヘッドを気に入って購入したのに、シャフトが硬すぎてしまいこんでしまったアイアンがあるので、それをリシャフトして使いたいと思います。安定したショットをコースで打てる……そんな印象です。すごく欲しいです」と、リシャフトにも積極的な声を聞かせてくれました。

 Bさんが試打会に参加していたのは、実は予選大会終了後だったのですが、かなりの球数を打ち、さらには「楽しいですね。このアイアン用シャフトで打ち続けるの」と笑顔で話してくれました。ずっと打ち続けていたい、そのような気持ちにさせてくれるシャフトなのだと筆者(下山江美)は感じました。

 商品名の「ラウネ」は「狙う」の文字を入れ替えた造語とのことで、このシャフトでターゲットを狙って欲しいという思いを込めたといいます。狙ったところに、思い通りの弾道でボールを運べるアイアン用シャフト、ピンそばにビタっとつけられるキレッキレのアイアンショットをかなえてくれそうな感触には、多くのアスリート女子たちが魅了されていたようです。

試合後のアスリート女子ゴルファーも夢中に! グラファイトデザインの試打会フォトギャラリー

画像ギャラリー

グラファイトデザインのアイアン用シャフト「Raune(ラウネ)」を試打するアスリート女子ゴルファー 写真:山上忠
グラファイトデザインのアイアン用シャフト「Raune(ラウネ)」を試打するアスリート女子ゴルファー 写真:山上忠
グラファイトデザインのアイアン用シャフト「Raune(ラウネ)」を試打するアスリート女子ゴルファー 写真:山上忠
グラファイトデザインのアイアン用シャフト「Raune(ラウネ)」を試打するアスリート女子ゴルファー 写真:山上忠
グラファイトデザインのアイアン用シャフト「Raune(ラウネ)」を試打するアスリート女子ゴルファー 写真:山上忠
グラファイトデザインのアイアン用シャフト「Raune(ラウネ)」を試打するアスリート女子ゴルファー 写真:山上忠
グラファイトデザインのアイアン用シャフト「Raune(ラウネ)」を試打するアスリート女子ゴルファー 写真:山上忠
グラファイトデザインのアイアン用シャフト「Raune(ラウネ)」を試打するアスリート女子ゴルファー 写真:山上忠
球が上がりやすく、ピンポイントで狙えるアイアンシャフトと、試打会参加者からも高く評価された「ラウネ」 写真:山上忠
誰が打っても楽に球が上がって、スピンが入るアイアン用シャフト「ラウネ」に自信をのぞかせるグラファイトデザインの石井康広さん 写真:山上忠
「スピンも入りやすく、アイアンの性能をしっかり引き出してくれるシャフトですね」という声も多く聞かれた 写真:山上忠
「シャフトでこんなにショットが変わるんですね」と驚く女性も多く、気持ちのいい球を連発し、「ラウネ」に魅了されたよう 写真:山上忠

最新記事