“弾道計測器”は本当に上達に役立つ? お手頃価格のラプソード「MLM」を試してみた

プロゴルファーや一部の上級者のあいだではおなじみの弾道計測器は、実はこれから上達を目指す人にこそ使ってほしいものです。お手頃価格の弾道計測器「MLM(モバイル・ローンチ・モニター)」を、ルイゴルフさんに試してもらい、そのメリットなどを確かめました。

ラプソードの弾道計測器「MLM(モバイル・ローンチ・モニター)」を練習場で使うとどうなる?

 弾道計測器の登場は、プロゴルファーに大きな変化をもたらしました。効率的なスイングによる飛距離アップ、アイアンでの正確な距離の打ち分けなど、各選手のパフォーマンスが向上し、試合のレベルもどんどん上がっています。

 一方、一般ゴルファーの中には、まだ弾道計測器自体を試したことがない人も多いでしょう。

テストしてくれたのはルイゴルフ(大塚塁)さん。分かりやすいレッスン動画が若者ゴルファーから支持される彼の目に弾道計測器はどう映る? 写真:田辺直喜
テストしてくれたのはルイゴルフ(大塚塁)さん。分かりやすいレッスン動画が若者ゴルファーから支持される彼の目に弾道計測器はどう映る? 写真:田辺直喜

 そこで今回は、20代の若者ゴルファーを中心に絶大な支持を受けるルイゴルフ(大塚 塁)さんにテスターとなってもらい、弾道計測器が練習でどのように活用できるのかをチェックしてもらいました。

 使用したのは、ゴルフのほか野球、ソフトボールにて投球、打球の計測機器を開発、販売しているRapsodo(ラプソード)社の、アンダー5万円で購入できる弾道計測器「MLM(モバイル・ローンチ・モニター)」です。本体にドップラーレーダーを搭載し、スマホのインカメラを利用することで、ツアー選手が使う「トラックマン」と同じ方式で弾道計測ができる機器になっています。

 まずは起動方法から見ていきましょう。「MLM」は電源ボタンひとつのシンプルな作りになっていて、これを押すと赤いランプが点滅します。

本体の側面に電源ボタンがある 写真:田辺直喜
本体の側面に電源ボタンがある 写真:田辺直喜

 次に、スマートフォンの専用アプリを開き、「MLM」と接続していきます。スマートフォンとの接続が成功するとランプが青く点灯するので、そのままアプリ内で上空からの地図を見ながらボールを打つターゲット方向を設定すればスタンバイ完了、ものの数分で「MLM」を使う準備は終わります。

気になる計測項目や使用感は? 1打ごとのスイング動画や軌道もクラウド保存される

弾道計測器「ラプソード MLM」の使い方&実際の測定結果画面

画像ギャラリー

プロフィール画面で端末の接続や、メートルとヤードの表示設定などが可能 写真:田辺直喜
スマートフォンとの接続が成功するとランプが青く点灯。そのままアプリ内で上空からの地図を見ながら、目標方向を設定しよう 写真:田辺直喜
ショットを打つ前に使用している番手をアプリ内で選択しておくと、後からデータを見返すときに便利。 写真:田辺直喜
設定が終わったら打席後方に『MLM』を設置する。実際に打席でアドレスを取ったりしながら、スマートフォンの画面にある「プレイヤーエリア」に全身が入る位置に置くのがポイントだ 写真:田辺直喜
確認したいショットの上でスワイプするとそのショット動画も確認できる 写真:田辺直喜
クラブごとの距離、ボール初速、クラブスピード、ミート率、打ち出し角度と打ち出し方向が見れる
アプリの視認性が良く、離れた位置からでもしっかり弾道結果をチェックすることができる 写真:田辺直喜
今日打った5球ずつのデータは、48度のウェッジの平均キャリーが102ヤード、AWが118ヤードという結果に 写真:田辺直喜
アイアンの上の番手を計測すると、スイングの課題が見えてくる 写真:田辺直喜
ルイゴルフ自身、飛距離差が気になっているという48度のウェッジとアイアンセットのAWで弾道を計測 写真:田辺直喜
弾道計測器を活用することで、新しいクラブの性能をチェックしたり、番手ごとの詳細なデータを得ることができる 写真:田辺直喜
アプリの視認性が良く、離れた位置からでもしっかり弾道結果をチェックすることができる 写真:田辺直喜
テストしてくれたのはルイゴルフ(大塚塁)。分かりやすいレッスン動画が若者ゴルファーから支持される彼の目に弾道計測器はどう映る? 写真:田辺直喜
本体の側面に電源ボタンがある 写真:田辺直喜
設定が終わったら打席後方に「MLM」を設置する。実際に打席でアドレスを取ったりしながら、スマートフォンの画面にある「プレイヤーエリア」に全身が入る位置に置くのがポイントだ 写真:田辺直喜
ショットを打つ前に使用している番手をアプリ内で選択しておくと、後からデータを見返すときに便利。余談だが、「MLM」はモバイルバッテリーを接続した状態でも使用することが可能 写真:田辺直喜
アプリの視認性が良く、離れた位置からでもしっかり弾道結果をチェックすることができる 写真:田辺直喜
1打ごとのスイング動画や軌道も確認できる 写真:田辺直喜
7番と6番では平均飛距離で8ヤードの差が出ているが、6番と5番ではわずか4ヤードしかない 写真:田辺直喜
1 2 3

最新記事