女子ツアーでブーム!? 最近増えてる太くて重いグリップにはどんな効果があるの?

最近のゴルフクラブ用グリップは、パター以外でも太いもの、重いものが出てきています。こういったグリップにはどんな効果があるのでしょうか。ゴルフフィールズユニオンゴルフ店の店長として多くのアマチュアゴルファーのクラブを手掛けるクラブフィッター、小倉勇人店長に聞いてみました。

太いグリップは引っかけ防止、言い換えればつかまりにくくなる

 まず前提として知っておきたいのは、ショット用クラブのグリップは50グラムが基本重量だということです。

「重い」とか「軽い」という場合は、この50グラムが基準になります。最近は軽量グリップも一般的になり、40グラムを切るものから25グラム前後のものまで多様なグリップが登場していますが、むかしは製造技術の面や「バランス(スイングウエート)」管理のしやすさなどから、ほとんどのグリップが50グラムで統一されていたのです。

小祝さくらが実際に使っている極太使用の「ゴルフプライド MCC TEAMS PLUS4」グリップ 写真:ゴルフプライド提供
小祝さくらが実際に使っている極太使用の「ゴルフプライド MCC TEAMS PLUS4」グリップ 写真:ゴルフプライド提供

 軽量クラブの普及によって、最近は前述のように軽量グリップが増えていますが、それだけでなく60グラム前後ある重いグリップや100グラムを超える超重量モデル、さらには「ミッドサイズ」などと呼ばれる太いグリップなども登場しているのです。

 こういった太め、重めのグリップのメリットとは何なのでしょうか。

「まず太さの面では、グリップが太いほうがスイング時に手首を使いにくくなるため、引っかけなどのミスを防ぎやすいという点があります。普通は太さの調整は、僕らのようなクラフトマンがグリップの下巻きテープを3重、4重にするなどして調整していたのですが、グリップ自体を太くした、というわけです」(小倉店長)

 これは素材や製法の進化によって、太くしても重くならずに質のいいグリップをつくれるようになったという側面があるでしょう。

ゴルフクラブのグリップは超重要!ゴルファーと唯一の接点であるグリップのすべて

 しかしグリップを太くすると引っかけにくくなるということは、言い換えれば「球がつかまりにくくなる」ということ。小倉店長は、その点は注意が必要だといいます。

「フェースローテーションを抑え気味に真っすぐ振って飛ばす最近の重心距離長めのクラブと太めのグリップの相性はいいと思います。ただしプッシュスライスが出るような人が太いグリップにすると、そもそも不足気味のフェースローテーションがさらに足りなくなってミスを強調する危険性はあります」

「とはいえ、その人の手の大きさもあり、大きい人はそもそもノーマルの太さでは細すぎたというケースもあります。太さに関しては、自分が握りやすい『握り心地』を優先してもいいと思います」(小倉店長)

次のページへ

【写真解説】意外と簡単!? 自分でできるグリップ交換の手順

画像ギャラリー

新品のグリップを用意する 写真:AC
基本的にゴルフショップ等で買ってくるものは、新しいグリップ、下巻きテープ(両面テープ)、溶剤 写真:AC
劣化したグリップをシャフトを傷つけないようにしながら、カッターなどで取り除く 写真:AC
劣化したグリップをシャフトを傷つけないようにしながら、カッターなどで取り除く 写真:AC
溶剤を吹き付けて貼ってあった下巻きテープをきれいに拭き取る 写真:AC
新しい下巻きテープをグリップの幅に巻き付ける。らせん状にせず、縦に2本被せるなどの簡便な方法でも良い 写真:AC
グリップエンド部分に水滴などが入り込むとサビの原因になるので、下巻きテープでしっかりフタをする 写真:AC
粘着面を露出させた下巻きテープに溶剤を吹き付ける 写真:AC
グリップの内側にも溶剤を吹き付けるとグリップが入りやすい
シャフト部分を傷がつかないように固定して、グリップを一気に押し込む
溶剤が乾かないうちにグリップの向きなどを調整する。風通しの良い場所で半日ほど放置して完全に定着させる
小祝さくらが実際に使っている極太使用の「ゴルフプライド MCC TEAMS PLUS4」グリップ 写真:ゴルフプライド提供
様々な太さがラインアップされているグリップ。“スタンダード”のサイズは昔から変わっていない
1 2

最新記事