コースでの“応用力”に大きな差が出る! 全ての番手を「左カカト線上のボール位置」で打つ練習を勧める理由

200名を超えるスクール生を擁する「ヨコヤマゴルフスクール」横山健司プロは、必ずどんな番手も「ボール位置は左カカト線上」で練習するようにレッスンをしているそうです。賛否両論があることを知ったうえで、「スイング作りの基本」として実践して欲しい理由とは何なのでしょうか。

「スイング作り」は左カカト線上、コースに行ったら「ご自由に」な理由

 アマチュアにレッスンする際、どんな番手も「ボール位置は左カカト線上が基本」とお伝えしています。「打ちづらい」や「プロはもっと右に置いて打っている」などの声がありますが、そういった事実を踏まえたうえで「スイング作り」ではあえて勧めています。

どんな番手も「ボール位置を左カカト線上」で練習して欲しい「理由」とは?
どんな番手も「ボール位置を左カカト線上」で練習して欲しい「理由」とは?

 実際に自分がコースでアイアンを打つ時には、必ずしも「左カカト線上」に置いている訳ではありません。

 コースでのラウンドでは状況や調子に合わせて「ご自由に自分の置きたい場所にボールを置いてください」といっているのですが、練習時には「真ん中のボール位置でしか打てない、ではコースで応用することができません」と伝えています。

練習時からボール位置を「右にズラさないと当たらない」ままでは、スイングの悪癖を改善できない危険性がある
練習時からボール位置を「右にズラさないと当たらない」ままでは、スイングの悪癖を改善できない危険性がある

「左カカト線上付近にヘッド軌道の最下点を作る」という基本のスイングを作り、どんな番手で打ってもボールに当たるように準備しておけば、傾斜などに応じてボール位置の調整できるようになるからです。ボールを左カカト線上付近に置くのは、あくまで「練習時」だけの話だと知って欲しいと思います。

練習時のボール位置で「スイングのクセ」が改善できる

 全ての番手で「左カカト線上」が必ずしも正しいボール位置ではありません。だからといって、練習でボールに当たらないのは問題です。

上体が傾き過ぎたり体重移動がうまくいかないと、左カカト線上のボール位置は「当たらない」(左)
上体が傾き過ぎたり体重移動がうまくいかないと、左カカト線上のボール位置は「当たらない」(左)

 当たらない理由はヘッド軌道の最下点がボール位置よりもはるか手前になっているからで、上半身が傾きすぎや体重が右足に残りすぎ、タメが解けるのが早すぎなど、アマチュアが「やりたくないスイング」の原因になっています。

 裏を返せば、練習で当たるようなればスイングのクセも改善できる可能性があります。しかし、結局ボール位置を右にズラしていては何も変わらないままです。いわゆる「練習場だけうまい人」になってしまう可能性もあります。

 スイングフォームを気にせずボールにしっかり当たるように練習するだけで、自然に軸が真っすぐになる「左に体重が乗ったインパクト」になるのが「左カカト線上のボール位置」なのです。

基本の「ボール位置」があればコースで「応用」が簡単にできる

【写真】新しいクラブで練習したい!? 2024年4月の中古アイアンランキング トップ10

画像ギャラリー

2024年4月中古アイアンランキング第1位 ゼクシオ10 アイアン(ダンロップスポーツ) ゴルフドゥ調べ
2024年4月中古アイアンランキング第2位 スリクソン ZX5 アイアン(ダンロップスポーツ) ゴルフドゥ調べ
2024年4月中古アイアンランキング第3位 スリクソン Z585 アイアン(ダンロップスポーツ) ゴルフドゥ調べ
2024年4月中古アイアンランキング第4位 スリクソン Z565 アイアン(ダンロップスポーツ)  ゴルフドゥ調べ
2024年4月中古アイアンランキング第5位 ゼクシオ11アイアン(ダンロップスポーツ) ゴルフドゥ調べ
2024年4月中古アイアンランキング第6位 i525アイアン(ピンゴルフジャパン) ゴルフドゥ調べ
2024年4月中古アイアンランキング第7位 i210アイアン(ピンゴルフジャパン) ゴルフドゥ調べ
2024年4月中古アイアンランキング第8位 G425アイアン(ピンゴルフジャパン) ゴルフドゥ調べ
2024年4月中古アイアンランキング第9位 ゼクシオ8アイアン(ダンロップスポーツ) ゴルフドゥ調べ
2024年4月中古アイアンランキング第10位 タイトリストT200 2019 (アクシネットジャパン) ゴルフドゥ調べ
どんな番手も「ボール位置を左カカト線上」で練習して欲しい「理由」とは?
練習時からボール位置を「右にズラさないと当たらない」ままでは、スイングの悪癖を改善できない危険性がある
上体が傾き過ぎたり体重移動がうまくいかないと、左カカト線上のボール位置は「当たらない」(左)
傾斜や風など応用が必要なショットを打つ際、「基本」のボール位置が左カカト線上に近いほどよい
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
1 2

最新記事