「打った跡と足跡を消せばいい」だけじゃない! バンカーのマナーとレーキの正しい使い方

ベテランゴルファーでも意外とおざなりになっている人が多いのが「バンカーのならし方」。茨城県・JGMセベバレステロスGCでグリーンキーパーをつとめる戸島義貴さんにバンカーでのマナーとレーキの正しい使い方を教えていただきました。

「打った跡と足跡を消す」だけから「後続組が気持ちよく打てる」ならし方に

 先日行われたメジャートーナメントの最終日、アゴの高いバンカーからボールをうまく寄せ、ギャラリーの歓声に軽く手を上げて応えた選手に対し、「落ち着いていますね。(優勝争いの興奮しやすい状態では、)結果を見たくてバンカーを駆け上がったりするものですが」という解説がつきました。

もしアゴのそばにボールがあっても、アゴの側からバンカーに入ってはいけません
もしアゴのそばにボールがあっても、アゴの側からバンカーに入ってはいけません

 優勝争いをするプロに限らず一般ゴルファーのなかにも、プレーに入り込みすぎて、ボールの行方を見ようとバンカーのアゴを駆け上がる人がいます。でも実はエチケット面では好ましくない行為なのです。

 茨城県・JGMセベバレステロスGCでグリーンキーパーをつとめる戸島義貴さんは、その理由をこう説明します。

「バンカーには”高いところから入ってはいけない”という不文律があります。ではどこから入るかというと、グリーン方向からではなくバンカーの手前の縁や横の縁、なおかつアゴの低いところを見つけて入って行くのが基本です。入口は1カ所とは限りませんが、入口と出口は同じにします。打ったあと、砂をならしながら入ってきたのと同じ低いところから出ると、動線が効率的ですし、バンカーのメンテナンスにもいいからです」

 ゴルフコースのバンカーは、手前が低くてボールが入りやすく、グリーン方向はアゴが高く戦略的に造られていることが多いものです。グリーン側のアゴの高さは腰くらいが普通、なかには背丈を超えるものもあります。

 たとえ腰くらいでも転倒の危険がありますし、アゴが崩れやすくもなりますので、高いアゴやグリーン側からの出入りは厳禁です。

 初めて聞いたビギナーも、忘れていたベテランゴルファーも、これからは必ずアゴの低いところからバンカーに出入りするよう心がけましょう。

 入り方が分かったら、続いて砂のならし方の確認をします。

「絶対にやらなきゃいけないと先輩から教わって、ちゃんとならしていますよ!」という人も多いと思います。

 確かに、砂をならすのに突拍子もないやり方をする人は見かけませんが、「ボールを打った跡と自分の足跡を消せばいい」という単純なものでもありません。キャディーさんや上級者がならしたバンカーは、朝一番と同じようにきれいに仕上がりますよね。それには細かい配慮があり、一定の法則があるからなのです。それが分かれば、どこのコースへ行っても、「打った跡と足跡を消す」だけのならし方から「後続プレーヤーが気持ちよく打てる」ならし方にできそうですね。

ならすときはピンの方向を意識して

 グリーンキーパーの戸島さんは、リズミカルで無駄のない“レーキさばき”のコツを次のように教えてくれました。

「バンカーレーキは、刃の方を軽く砂に当てて水平に動かします。どのように動かすかというと、まずはピンの方向へ向かって刃の部分全体で砂を押し、刃先で砂を手前に戻す。これが1セットです。ボールを打った跡とスタンスの跡は “押して、戻す”を何セットか繰り返します。凸凹がほとんどなくなったらレーキを裏返して、平らな面で砂の表面を軽くなでるように、浅い凹みなどをならしながら平らに仕上げる。ここまでが“フルコース”です」

「バンカー出口へ向かうときは、薄くついた足跡を消すので、“フルコース”は必要ないでしょう。レーキの裏側で砂をさらりとなでるようにならして足跡を消し、薄くついた凸凹を平らにならしながら後ずさりします」

“押して、戻す”が1セット。仕上げはレーキを裏返してなでる。だからリズミカルで、均等な力加減で、平らにきれいにならせるのですね。それでもコース管理のプロからみると、これで完璧とはいえないようです。

「余裕がある方は、砂に残るレーキの線や跡がピンに向かって真っ直ぐになるよう、ピンの方向を意識しながらならすとよりきれいに仕上がりますよ。横からバンカーに入った場合、足跡は無理でも、ボールを打った跡とスタンス跡だけでもそうするといいと思います」

レーキの置き方にも後続組への配慮が表れる

【写真】正真正銘のグッドゴルファー! バンカーならしの正解を詳しく見る

画像ギャラリー

最初はレーキの刃のあるほうで砂を押すようにして
引き戻す
裏返して滑らかにならす
裏で滑らかにならしながら入った位置まで戻る
裏で滑らかにならしながら入った位置まで戻る
砂に残るレーキの線や跡がピンに向かって真っすぐになるよう、ピンの方向を意識しながらならす
アゴに近い傾斜の部分は押す力を強くして砂を戻してあげるように
もしアゴのそばにボールがあっても、アゴの側からバンカーに入ってはいけません
レーキを使い終わったらバンカーの手前の低いところに置く
1 2

最新記事