手こずるパッティングに後続組からのプレッシャー… ビギナーが最低限やるべきピッチマーク修復とは?

コースの良し悪しを決める予約サイトのレビューでも、グリーンのピッチマーク修復は必ず評価対象になっています。一方で、「正しい修復の仕方に自信がない」とピッチマークの直し方に不安を持つ人もたくさんいます。「ラウンド時の必須マナー」になっているピッチマーク修復が積極的に行われていない理由には、どういったことが考えられるのでしょうか。

修復マナーを実行できないゴルファー事情もある

 昔からラウンド時の当たり前のマナーとして、グリーンにボールが着弾した跡「ピッチマーク」の修復があります。

 にも関わらず、予約サイトなどに掲載されているゴルフ場のレビューでは、「ピッチマークの修復ができていなくて残念」といった、低い評価のコメントが多くみられます。

「ピッチマーク」とは、ボールが着弾した時にできるヘコみ。パター時にボールの後ろに置く「ボールマーク」やフェアウェイでショットした「ディボット跡」と混同している人も多い
「ピッチマーク」とは、ボールが着弾した時にできるヘコみ。パター時にボールの後ろに置く「ボールマーク」やフェアウェイでショットした「ディボット跡」と混同している人も多い

 自分がゴルフ場に行った時には嫌だと感じるのに、なぜピッチマークは減らないのでしょうか。それとも、ゴルフ場サイドのメンテナンスの不備と考えるべきなのでしょうか。

 まず修復のやり方ですが、ほぼすべてのゴルフ場に張り出されています。もちろん多くのゴルファーは知っていますし、正しい修復が必要なことも知っているはずです。

 しかし人気で混雑しているゴルフ場の多くは、「プレーファスト」のプレッシャーがすごくあるのも事実。仮に前の組がすぐ前にいても、パター後に「ピッチマーク修復」を行なっているゴルファーのことを、後ろの組が「遅い」と感じている可能性もあります。そんなときは、速やかにその場を離れることを優先せざるを得ない事情もあります。

 ではゴルフ場が悪いのか、というと近年は異常気象の影響でグリーンのメンテナンスが難しいばかりでなく、ラフやフェアウェイの維持に相当なエネルギーを注がれることになっています。

 刈っても刈っても伸びてくるラフを放置すれば、「ボールが見つからないゴルフ場」、「フェアウェイを刈ってない」のレッテルを貼られるリスクもあり、ピッチマークの修復まで「手が回らない」のが実情です。

目標は1ホール2個で修復は「ヘタでもOK」

「正しい修復」のプレッシャーに負けないために、全員がパッティングを終える前に「目標は1ホール2個」でピッチマークの修復にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 もちろん、前の組が先に行っていたり、既に全員がホールアウトした後なら「ピッチマーク修復」を行うと、逆に後ろの組に誤解される危険性もあリます。後ろの組がまだ来ていないなら、「自分なりにキレイになった」と思うようにやってみてください。

芝は水と空気が大好き。隙間ができれば「水はけ」がよくなり成長しやすくなる
芝は水と空気が大好き。隙間ができれば「水はけ」がよくなり成長しやすくなる

 ゴルフ場に張り出されている「正しい修復の仕方」は理想ですが、ゴルフ場メンテナンスの立場で見た場合「ヘタであってもそのまま放置よりうれしい」のが本音。

 芝は水と空気が大好きな植物。ボールが着弾して窮屈になった芝の根に、フォークでもティーでもいいので隙間を作ってあげるだけで成長しやすくなります。

「根がちぎれたらどうしよう」という心配も、何もしないことに比べたら「修復効果」として十分にあるそうです。グリーン上に穴を空ける「エアレーション」も、基本的には芝の根を間引きして土を柔らかく隙間を作る作業です。もし根がちぎれても、水と空気があれば生きている芝が覆うように成長してくれます。

「自分のため」だと思ってピッチマークを修復する

【写真】知っておきたい「正しいやり方」! グリーン上にできたピッチマークの直し方

画像ギャラリー

まずボールの進行方向側からグリーンフォークを入れて戻す
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
この時点でかなり戻っている
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
最後にパターで軽くトントンとならす。手で軽く押さえても良い
まず斜めにグリーンフォークを入れたら…
フォークのお尻を上げるようにして芝を寄せる
先端を上げるような使い方は芝の根を切るのでNG
「ピッチマーク」とは、ボールが着弾した時にできるヘコみ。パター時にボールの後ろに置く「ボールマーク」やフェアウェイでショットした「ディボット跡」と混同している人も多い
芝は水と空気が大好き。隙間ができれば「水はけ」がよくなり成長しやすくなる
ゴルファーの想像を遥かに超える手間がかかるゴルフ場のメンテナンスは「量」と「質」が求められる
1 2

最新記事