ゴルフを更に面白くするゲーム「オリンピック」「ラスベガス」「ピンポンパン」とは? ルールと注意点を解説!

一般的にゴルフはストロークプレーで行いますが、そこにゲーム要素をプラスする「ラスベガス」や「ピンポンパン」などの遊び方もあります。では、具体的にどのようなものなのでしょうか。

ゴルフをより面白くしてくれるゲームとは?

 一般的なゴルフは4人1組で18ホールをラウンドし、ストローク数の少なさを競い合います。それでも十分に楽しめますが、ゴルフには、ゲーム要素をプラスしてより楽しめるものにする「ラスベガス」や「ピンポンパン」などといった遊び方があります。

 では、ラウンドをさらに面白くしてくれるゲームには、どのようなものがあるのでしょうか。ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)に聞きました。

ゴルフをより面白くしてくれるゲームとは? 写真:PIXTA
ゴルフをより面白くしてくれるゲームとは? 写真:PIXTA

「まず『ラスベガス』は4人が2チームに分かれて行う遊び方です。各ホールのティーショットの順番が1番目と4番目、2番目と3番目の人同士でペアを組み、オナーによるスキルの差ができるだけプラスマイナスゼロになるようにします。各自ティーショットを打って全員がカップインするまでプレーを進めていき、そのホールでどちらのチームがより少ないスコアで勝ったのか得点を計算します。計算方法は、ペアとなっている2人のうちスコアの良い方(少ない方)の打数を10の位に、悪い方(多い方)の打数を1の位にして2桁の数字を出します」

「例えば、1人が4打でもう1人が5打だったとした場合の得点は『45点』となります。そして相手チームの1人が5打でもう1人が6打で上がった場合は『56点』です。2チームの得点差である『11』が勝利したチームに与えられ、反対に負けたチームは『-11』となります」

「また、ラスベガスに似たチーム戦方式の遊び方として『お友達』というものもあり、こちらはティーショットを全員が打ったあとにグリーンから見て左側の2人と右側の2人で分かれて対決をし、2人の合計ストロークの差で勝敗を決めます。どちらの遊び方も、ホールごとにチームの組み合わせが変わったり特別ルールなどを加えたりすることもできるので、ゲーム展開が予想しにくいというワクワク感はあると思います」

「『ピンポンパン』は、各ホールで最初にグリーンにオンした人を『ピン』、全員がオンした段階で最もピンに近いところにボールを寄せられた人を『ポン』、最初にカップインできた人を『パン』と呼んでそれぞれ1点ずつポイントを追加し、18ホールが終了した時点で合計得点が最も高かった人を勝者とするゲームです」

あくまでも「ゲーム」。「ギャンブル化」には要注意!

 いずれもゴルフをより面白いものにしてくれるゲームですが、飯島氏は「賭け目的でゴルフをすると、いずれ『賭けゴルフ』、つまりギャンブルになってしまう危険性があるため十分に注意してほしい」ともいいます。

「私も昔、接待ゴルフなどでこのようなゲーム要素を交えたゴルフをしたことがありますが、内容がエスカレートしすぎると非常に危ないものになる可能性が考えられます。本来であれば、負けた方は『ビール1杯をごちそう』する程度で、なおかつお金そのものを目当てとしないものにするべきですが、あまりにものめり込み過ぎて過激さを増してくると『1球あたり罰金100円』のようなお金を巡った駆け引きに発展してしまいます」

「最悪の場合では『賭博罪』に該当して50万円以下の罰金、または科料を求められることにもなりかねないので、どんなに面白くてもヒートアップしないように気を付けなければなりません」

「もしも、いつものゴルフにプラスアルファでゲーム要素をつけ足したいのなら『オリンピック』が一番オススメです。これは、グリーン上でカップから遠い順番に『金・銀・銅・鉄』とランクを設定し、1発でカップインに成功したらその場所に応じたポイント(4〜1点)をゲットできるというものです」

「オリンピックは、ほかの賭けゴルフと比較して適度な緊張感を持って行えるほか、相手のミスによるものではなくて自分のプレーに対してポジティブに加点していけるため、より安全だというのがメリットだと思います」

 ただし、パッティングに夢中になるあまりラインを読むのに時間がかかってスロープレーにならないように注意する必要がありそうです。ラウンドを面白くしてくれるゲームはほかにもさまざまな種類がありますが、なかにはスリルを感じてドキドキするプレーを味わえる人もいるかもしれません。しかし、いずれも熱が入りすぎると金銭目当ての「賭け事」になってしまう可能性がある点は、前もって留意しておく必要があるでしょう。

【図解】意外と知らない…? 接待や上司とのラウンドで役に立つ「カートの上座・下座」&「行き帰りのクルマの上座・下座」を写真で解説

画像ギャラリー

キャディー付きの場合のゴルフカートの席順
セルフプレーの場合のゴルフカートの席順
行き帰りのクルマの席順(タクシーの場合、上司が運転する場合)
行き帰りのクルマの席順(社内のみの場合、お客様を乗せる場合)
ゴルフをより面白くしてくれるゲームとは? 写真:PIXTA

最新記事