カートに乗ったままは失礼? 絶対立ってはいけない場所は? 同伴者のティーショットを見守るときのマナー

ラウンドに慣れていない人は特に、ティーイングエリアでの立ち位置に迷ってしまうことが多いでしょう。マナー云々以前に打球事故等の危険から身を守るためにも重要ですが、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

打球の行方をしっかり見ていればカートに乗ったままでも問題なし

 他の人がティーショットを打つとき「カートに乗ったままでいるのは、マナー違反では?」という投稿をSNSで見かけました。

 カートを降りるべきか、降りなくてもよいのか。また、他の人のティーショット見守る際の立ち位置はどこがベストなのかを(株)エミー代表取締役の渡辺満枝さんにお聞きしました。同社は人材教育を中心に活動しており、渡辺さんはさまざまな企業の社員研修や講演会、またプロゴルファーへの接客指導なども行なっています。

同伴者が打ってるとき、さすがにスマホを見るのはNGですが… 写真:AC
同伴者が打ってるとき、さすがにスマホを見るのはNGですが… 写真:AC

「まず、スタートホールでは(前の組がスタートしたら)全員が一度カートを降り、ティーイングエリア上に集合してきちんとご挨拶することが大切です。できればクラブ、ボール、ティーペグなどを準備して上がり、体調等の心配がなければ、その流れで打順を決める、ショットを打つ、他の人のショットを見守るのが自然です」

「スタートホール以外では、絶対にカートを降りなければならないことはありません。ゴルフで最も大切なことは“安全”と“進行”です。それには同伴者が打った球の軌道が見えるところにいることが重要で、カートの停止位置からティーショットが見えなければ降りなければなりませんが、見えれば乗ったままでも問題はないのです。特に、高齢者や体調の悪い人は無理をする必要はありません。健康な人でも、真夏の炎天下や雨天時などは乗っていていいでしょう」

 大事なのは、安全な場所にいること、他の人の球を見ること。この2つを忘れさえしなければ、スタートで礼儀正しくしっかり挨拶したあとのホールでは、カートを降りても降りなくてもマナー違反にはならないということです。

 そうと分かってホッとする一方、パーティーのなかで自分一人だけレディースティーから打つという女性ゴルファーは、「同じ組の男性がレギュラーティーから打っている間どこで待つのがベストか」毎ホール迷ってしまうかもしれません。その点についてはこうアドバイスします。

「先ほどお話ししたのと同じように、スタートホールではレギュラーのティーイイングエリア上に集合しご挨拶をして、そのまま他の人のショットを見守る。その後のホールでは同伴プレーヤーのボール軌道が見えなければカートを降りるようにし、しっかり見届けられる位置にいればカートに乗っていてもいいでしょう」

右前方だけでなく左前方でも思わぬ事故が起きうる

【写真】ベテランでも意外と正しくできてない!? バンカーのならし方、レーキの置き方

画像ギャラリー

レーキをかける場合は柄をなるべく平行にしてならす 写真:Getty Images
レーキはバンカーの外に置くのが最も一般的 写真:AC
バンカーの内側にフチと平行に置くパターン 写真:AC
レーキのヘッドをバンカー内に入れ、柄の部分をフチと垂直に置くパターン 写真:AC
同伴者が打ってるとき、さすがにスマホを見るのはNGですが… 写真:AC
不注意でゴルファー保険のお世話になることがないように… 写真:AC
1 2

最新記事