ラウンドすれば誰もが出てしまう“本性” 同伴ゴルファーに嫌われないために気をつけるべきことは?

昔から酒の席や車の運転などで、普段は隠していても「本性が出る」といわれるような行動があります。ゴルフも同様、接待ゴルフなどで「その人の本性」を見るうえで重視されてきました。特にプライベートでは、接待ゴルフで隠していた「人柄」や「性格」が自分でも気付かない所で同伴者に伝わってしまいます。

「楽しい空気」を自分にも周りにも作り出す「センス」を育めるか?

 海外転勤になった「インドアゴルフレンジKz亀戸店」会員様から、「日本でゴルフを覚えてよかった」という話を伺うことがありました。

 それは、日本でのラウンドするときに実践していた「気遣い」や「プレーに対するメンタル」の所作や言動が、海外で非常に役に立ったというのです。ラフな格好で気軽にラウンドできる海外とは異なり、日本のゴルフ場は服装やマナーにも厳しいところばかりです。その環境の中で、自分の上達やスコアメイクに取り組みながら同伴ゴルファーにも楽しんでもらえる「センス」が磨けたそうです。

日本のゴルファーは世界中のどこへいってもゴルフを楽しめるし、楽しませることもできる
日本のゴルファーは世界中のどこへいってもゴルフを楽しめるし、楽しませることもできる

 ルールやマナーばかりを考え過ぎては、ゴルフが窮屈でつまらなくなってしまいがちです。しかし、そんな環境の中でも「ゴルフが楽しい」と自分も同伴ゴルファーも感じるラウンドができれば理想です。

 実際は、ミスショットが出れば腹も立ちますし八つ当たりだってしたくなります。しかし、そんな「人柄」や「性格」は、いくら自分で隠していても意外と同伴ゴルファーはしっかりと見えています。

 僕の場合はあらかじめ「昔から気が短くてせっかちで」と自分の性格を先に伝えて、もし笑いを取れなくても「意外と普通じゃん」と思ってもらえるように「一応の努力」をしています。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

【図解】接待や上司とのラウンドで役に立つ「カートの上座・下座」を写真で解説

画像ギャラリー

キャディー付きの場合は助手席が一番上座で後席真ん中が末席、セルフプレーの場合は運転席が末席で後席が上座
キャディー付きの場合は助手席が一番上座で後席真ん中が末席、セルフプレーの場合は運転席が末席で後席が上座
プレーの技量が影響しないスタートホールまでやインターバルの移動は一番若い方が運転すると良いでしょう
ゴルフ場でよく見かける4人乗りタイプ(G30Es) 写真:ヤマハ発動機
海外ではメジャーな2人乗りタイプ(YDRA1) 写真:ヤマハ発動機
ゴルフカートは左ハンドル
リモコン式のカートはリモコンか本体のボタンで発進・停止を行う
距離感を合わせるのが難しいピートダイGCロイヤルCの12番ホール。アゲンストの風も難易度を上げる 写真:ゴルフ場提供
事故を起こさぬよう安全運転でラウンドを
ラウンドでは自分では気づかない時ほど、同伴ゴルファーたちは所作や言動を観察し「人柄」や「性格」を見ている
アマチュアは、ラウンド中の様々な状況を自分で対処しなければいけない。しかも「人柄」や「性格」が如実に出る場面がたくさんある
日本のゴルファーは世界中のどこへいってもゴルフを楽しめるし、楽しませることもできる
1 2

最新記事