吉田優利はネリー・コルダの飛び入り“サプライズ”練ランに「とてもいい経験。うれしかった」

今季メジャー第2戦の第79回「全米女子オープン」が30日に開幕する。吉田優利が27日コースで調整した。朝になり世界ランキング1位のネリー・コルダが加わるというサプライズがあった。

吉田優利はネリー・コルダとともに10番から9ホールを回った

◆米国女子プロゴルフ メジャー第2戦<全米女子オープン presented by アライ 5月30~6月2日 ランカスターCC(ペンシルベニア州) 6629ヤード・パー70>

 今季メジャー第2戦の第79回「全米女子オープン」が30日に開幕する。カリフォルニア州で行われた予選会をトップ通過し出場権を得た吉田優利が27日(日本時間28日)コースで調整した。

ネリー・コルダとともに調整した吉田優利 ※写真は「ブリヂストンレディス」 写真:Getty Images
ネリー・コルダとともに調整した吉田優利 ※写真は「ブリヂストンレディス」 写真:Getty Images

 10番から9ホールを回った吉田優利は「距離が長い感じがして転がる感じもない。グリーンもアンジュレーションがあって難しいなと思いました。なるべくフェアウェイに置きたい」とコースの印象を話した。

「難しいセッティングで、良いコースでやらせてもらえることは本当にうれしいです。あとは自分がどれだけのパフォーマンスをできるかだと思うので、しっかり毎日、1打1打集中したいと思います」と、まずは予選通過を目指す。

 この日は一人で練習ラウンドを行う予定だったが、朝になり急遽、5連勝を含む今季6勝で世界ランキング1位のネリー・コルダ(米)が加わるというサプライズがあった。「彼女が入ってきてびっくりしました。とてもいい経験だなと思ってうれしかったです」と笑顔を見せた。

 吉田は今季米ツアーで4戦中2戦予選落ちしており、予選通過した2試合も69位、50位と厳しい戦いが続いていたが、前週の国内ツアー「ブリヂストンレディス」では15位タイでフィニッシュ。

「正直、今自分がどれだけできるかは分からない。4日間戦えればすごくいいと思いますが、目標を言えるくらいの状態ではなかったので、いい1週間を過ごして臨みたい」と意気込みを話していた。

吉田 優利(よしだ・ゆうり)

2000年4月17日生まれ、千葉県出身。2019年プロ入り。西村優菜、古江彩佳、安田祐香らと同学年の“プラチナ世代”の一人。21年「楽天スーパーレディース」でツアー初優勝を飾り、同年の「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」でも優勝を遂げた。23年「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で公式戦初制覇。23年Qシリーズで24年シーズンの米女子ツアー出場権を獲得した。ツアー通算3勝。エプソン所属。

【動画】「低空ドローで見事な脱出」吉田優利が大ピンチの林の中から “一番良いところ”にナイスリカバリー! これが実際の映像です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

ネリー・コルダとともに調整した吉田優利 ※写真は「ブリヂストンレディス」 写真:Getty Images
1 2

最新記事