日本のアマチュアに適している!? フォーティーンのウェッジはなぜ昔から人気があるのか?

20代ゴルファーから大人気のインフルエンサーのルイゴルフさん。インスタグラムのフォロワーは6万人を超えており、50日で100切りした方法は大きな話題になりました。今回は、以前から気になっていたというフォーティーンのウェッジをフィッターと一緒に探っていきます。

ダフリのミスを防ぎ、簡単にアプローチしたい人にオススメの「DJ-6」

 インフルエンサーとして20代ゴルファーから絶大な人気を誇るルイゴルフ(大塚塁)さん。インスタグラムのフォロワーは6万人を超えており、50日で100切りした方法は大きな話題になりました。今回は新しいウェッジを求めて、フィッティング施設を訪れました。以前から気になっていたというフォーティーンのウェッジを、フィッターにアドバイスを受けながら試打していきます。

フォーティーンのウェッジを打つのは初めてだというルイゴルフさん(右)とフィッターの澤田嘉之さん(左)
フォーティーンのウェッジを打つのは初めてだというルイゴルフさん(右)とフィッターの澤田嘉之さん(左)

 ウェッジの売れ筋ランキングでも常に上位に入っているフォーティーン。今年も「DJ-6」と「RM-α」が好調な売り上げを記録しています。そんなフォーティーンのウェッジについてルイゴルフさんは「選び方が難しい」という印象を持っていたそうです。

ルイゴルフ「ほとんどのメーカーはウェッジのメインブランドは1種類で、タイトリストなら『ボーケイ』、テーラーメイドなら『ミルドグラインド』、キャロウェイなら『ジョーズ』などがあります。でもフォーティーンは『DJシリーズ』も『RMシリーズ』も『TKシリーズ』もどれも人気があるので、どのシリーズから入ればいいのかがわかりません。そのため一度、ウェッジフィッティングをしてもらいたいと思っていました」

 今回、フィッティングを担当してもらったのは「4プラス東宝調布店」のプロフィッター兼クラブ診断員の澤田嘉之さん。「4プラス東宝調布店」は 東京都調布市にある東宝調布スポーツパークのなかにあり、フィッティング専用打席にはトラックマン、ギアーズの最新計測器を完備。さらにウェッジフィッティングでは芝の上から打てることでも人気があります。

 今回は最新モデルの「DJ-6」と「RM-α」をフィッティングしました。その違いについて澤田さんに話を聞きました。

澤田「わかりやすく言うとやさしいのが『DJ-6』で、ツアーモデルタイプが『RM-α』です。フォーティーンは初心者やアベレージゴルファーをターゲットにしたやさしいウェッジを展開しているのも特徴の一つです」

 今回はロフト58度のウェッジを試打しました。まずは「DJ-6」から。

ルイゴルフ「たしかに簡単です! 何球打っても同じような球筋になります。でも逆に言えば、いろんなアプローチをするのが難しくて、低い球や高い球を打ち分けるタイプじゃないですね。少し物足りない感じもします。とはいえ、思っていたよりも打感が柔らかいですし、ツアーモデルみたいな感じでした」

「DJ-6」のヘッドはツアーモデルのウェッジと比べるとひと回り大きく見えます。「S-20C」という軟鉄の中でも柔らかい素材を使っているので、打感が柔らかくなります。

「RM-α」は「DJ-6」よりも操作性がある

 次は「RM-α」の58度を試打していきます。「RM-α」にはローバンスの「L」、ミドルバンスの「M」、ハイバンスの「H」の3タイプがあります。

今回、フィッティングをした「DJ-6」と「RM-α」
今回、フィッティングをした「DJ-6」と「RM-α」

ルイゴルフ「『DJ-6』に比べると、すごく操作性がいいです。バンスの違いで言えば『L』はダフリのミスが多くなる印象です。少しボールの手前にヘッドが落ちるとザックリしてしまいます。ハイバンスの『H』は抜け感が良くなかったです。1番良かったのは『M』でミスが出ませんでしたし、ソールの当たり方がイメージ通りでした」

 ルイゴルフさんの試打の様子を見て、澤田さんは以下のように話します。

澤田「ローバンス、ミドルバンス、ハイバンスの3タイプの中で、アプローチの入射角と1番合っていたのがミドルバンスだと思います。バンスの選び方としては上級者がローバンスを選ぶというイメージを持っている人も多いのですが、技術的な問題だけではなくて、スイングタイプとの相性も大切です。大きく分けると、入射角が浅いタイプはローバンスと相性がいいですし、ダウンブローに打ち込むタイプはハイバンスにした方がヘッドが刺さりません。ルイゴルフさんのような標準的な入射角だとミドルバンスとマッチする可能性が高いです」

 最後に、フォーティーンのウェッジを初めて打ったというルイゴルフさんに感想を聞きました。

ルイゴルフ「『DJ-6』はもちろんですが『RM-α』も想像していたよりもやさしめでした。海外メーカーのウェッジほどアスリート系の印象はなくて、お助け感があります。『RM-α』は10ヤードとか20ヤードくらいの短い距離でもキュキュッとボールが止まってくれます。このスピン性能には驚きました。日本のアマチュアゴルファーにとってフォーティーンのウェッジはすごく使いやすいと思います」

【撮影協力】 4plus FITTING LABO & GOLF SALON

撮影協力をいただいた4plus FITTING LABO & GOLF SALON
撮影協力をいただいた4plus FITTING LABO & GOLF SALON

4plus FITTING LABO & GOLF SALON
東宝調布スポーツパーク店
住所:東京都調布市多摩川 2-29-1

【写真】究極の「ダフらない」ウェッジ! フォーティーン「DJ-6」ウェッジ詳細画像

画像ギャラリー

フォーティーン「DJ-6」 ウェッジ
フォーティーン「DJ-6」 ウェッジ
フォーティーン「DJ-6」 ウェッジ
フォーティーン「DJ-6」 ウェッジ
フォーティーン「DJ-6」 ウェッジ
フォーティーン「DJ-6」 ウェッジ
フォーティーン「DJ-6」 ウェッジ
フォーティーン「DJ-6」 ウェッジ
フォーティーン「DJ-6」 ウェッジ
今回、フィッティングをした「DJ-6」と「RM-α」
フォーティーンのウェッジを打つのは初めてだというルイゴルフさん(右)とフィッターの澤田嘉之さん(左)
ルイゴルフさんは「RM‐α」のミドルバンスと相性が良かった
フォーティーンのウェッジをフィッティングするルイゴルフさん
フォーティーンのウェッジをフィッティングするルイゴルフさん
フォーティーンのウェッジをフィッティングするルイゴルフさん
フォーティーンのウェッジをフィッティングするルイゴルフさん
フォーティーンのウェッジをフィッティングするルイゴルフさん
フォーティーンのウェッジをフィッティングするルイゴルフさん
撮影協力をいただいた4plus FITTING LABO & GOLF SALON
プロフィッター兼クラブ診断員の澤田嘉之さん
4plus FITTING LABO & GOLF SALON
4plus FITTING LABO & GOLF SALON
4plus FITTING LABO & GOLF SALON

最新記事