ディアマナの最新モデル「GT」ってどんなシャフト? 試打で分かった「圧倒的な安定感」

多くのプロだけでなく、アマチュアからも絶大な信頼を得ている三菱ケミカルの「ディアマナ」シリーズ。その最新モデル「GT」をゴルフイラストレーターの野村タケオ氏が早速インプレションしてくれました。

フェードヒッターでもほぼストレート弾道になった

 みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。毎年のように新しいシャフトが発売されますが、何を選べばいいのか難しいですよね。僕はありがたいことに多くのシャフトを試打させてもらいますが、それでも自分には何がピッタリなのか、イマイチわかりません。

 好き・嫌いはあるし、結果がなんとなくよいシャフトはあります。しかしそれが自分にピッタリか? と言われると、もしかしたらもっと合うシャフトがあるんじゃないか? と思うわけです。

 それでまた、新しいシャフトを試すわけですね~。それが楽しいんですけど。今回は三菱ケミカルから発売された「Diamana(ディアマナ)GT」をレポートします。いったいどんなシャフトなのか? 自分に合うのか? 非常に楽しみです!

おなじみの花柄がしっかりとプリントされていてカッコいいデザインの「ディアマナGT」
おなじみの花柄がしっかりとプリントされていてカッコいいデザインの「ディアマナGT」

「ディアマナGT」は「ZF」の後継モデルということです。僕が試打したのは40X。カタログによると重量49.5グラム、トルク5.4の中元調子ということです。

 グレーというかシルバーというか、光沢のあるカラーに大きめのロゴがドーンと入っています。手元にはディアマナシリーズではおなじみの花柄がしっかりとプリントされております。デザイン的にはとてもカッコいいんじゃないでしょうか。

 コースに持ち込んで打ってみました。ヘッドはキャロウェイのローST MAX LSです。

 手元が少し硬めだと聞いていたのですが、打ってみるとそこまで硬く感じませんでした。しっかりしているものの、少ししなる感じがしました。

 切り返し以降は、真ん中辺りがしなってくれるような感じ。先端は硬めだと思いました。個人的にはけっこう振りやすくて好印象でした。

 弾道は少し低めで、もともと弾道高めの僕が打って中弾道というとこでしょうか。「球が上がりやすいシャフト」ではなさそうですね。ボールを上げたい人はヘッドのロフトを寝かせた方がよさそうです。つかまり過ぎることはなく、ちょうどいい感じ。

 先端は硬めなので、先が走ってつかまるわけではないのですが、フェードヒッターの僕が打って、ほぼストレート、たまに軽いドローも出るかもって感じでした。

実際に使って分かった「安定感」

【写真21枚】「ディアマナGT」で試打したい!「G430ドライバー」3モデルの詳細画像

画像ギャラリー

G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
弾道調整機能を初搭載したG430 SFTドライバー
超極薄の反発フェース
最大のキャリーを生むスピンシステンシー・テクノロジー
快音を生み出す新サウンドリブ
カーボンクラウンのG430 SFTドライバー
高い慣性モーメントを誇るG430 MAXドライバー
おなじみの花柄がしっかりとプリントされていてカッコいいデザインの「ディアマナGT」
今回試打した「40X」。もう少し様々なスペックを試せば自分にピッタリのものが分かったかも
1 2

最新記事