曲がりを減らす効果もある!? 最新ドライバー“ロースピンモデル”は初心者ゴルファーにもおすすめ

「LS(ロースピン)」を謳うドライバーは従来、パワーヒッターに恩恵のあるハードなモデルというイメージのものでしたが、昨今はそうでもないようです。タイトリスト、PING、PRGRそれぞれの最新モデルを打ち比べてみました。

多くても少なくてもダメな「スピン量」に注目!

 効率的にボールを飛ばすために重要と考えられているのが「スピン量」です。ボール初速や打ち出し角など、ほかの要素との組み合わせで数字は上下しますが、おおよそ2400rpmから2500rpmのスピン量が最適といわれています。

スピンが減るように調整された「LSモデル」。アスリート用というイメージもあるなか、昨今は随分と「やさしく」なっているとか 写真:田辺直喜
スピンが減るように調整された「LSモデル」。アスリート用というイメージもあるなか、昨今は随分と「やさしく」なっているとか 写真:田辺直喜

 ヘッドスピードが平均よりも速かったり、インパクトでロフトが寝るタイプのスイングをしたりしている人などはスピン量が増える傾向にあり、飛距離をロスしやすくなります。そんなスピン過多に悩む人向けに設計されているのが、ドライバーのいわゆる「LS(ロースピン)モデル」です。

 ノーマルモデルは、慣性モーメントを高めるためヘッド後方にウェイトを装着しているモデルが多く、結果、インパクトでお尻が下がるようにロフトを寝かせて当たるものが多く見られます。これは高さを出しやすい一方で、人によってはボールが上がりすぎたり、スピンが増えすぎたりと、飛距離をロスする原因にもなりうる要素です。

 一方、LSモデルはヘッドのフェース寄りに重量を持ってくることで、ロフトを立てたままインパクトできるようになっており、ノーマルモデルに比べてスピン量を抑えやすくなっています。

写真は「TSR4」。ソールのフェース寄りの部分にウェイトが装着され、重心が浅くなるよう設計されている 写真:田辺直喜
写真は「TSR4」。ソールのフェース寄りの部分にウェイトが装着され、重心が浅くなるよう設計されている 写真:田辺直喜

 最新ドライバーを見ると、ひとつのシリーズの中に汎用性の高い「ノーマルモデル」、つかまりを高めた「ドローモデル」、そして「LSモデル」の3タイプをラインアップするものが増えています。もし今、ノーマルモデルを使っていて、「ヘッドスピードの割に飛ばない」と感じているなら、LSモデルを選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

メーカー向けのPRコンサルタントを行う甲斐氏。シングルハンデの腕前と確かな知識を持つ 写真:田辺直喜
メーカー向けのPRコンサルタントを行う甲斐氏。シングルハンデの腕前と確かな知識を持つ 写真:田辺直喜

 とはいえ、従来のロースピンを謳ったモデルはハードなアスリート向けのものが多く、それを知ってか敬遠するゴルファーも少なくありません。

 そこで今回は、最新ギアの情報に精通するIRONSHELL代表の甲斐哲平氏に、タイトリスト「TSR4」、PING「G430 LST」、PRGR「RS F」という3つの人気モデルを試打してもらい、最新LSモデルの傾向について調査しました。

左のミスを防いで適正スピンで飛ばせるPRGR「RS F」

【画像】最新LSモデル PRGR「RS F」、タイトリスト「TSR4」、PING「G430 LST」の試打結果

画像ギャラリー

スピンが減るように調整された「LSモデル」。アスリート用というイメージもあるなか、昨今は随分と「やさしく」なっているとか 写真:田辺直喜
写真は「TSR4」。ソールのフェース寄りの部分にウェイトが装着され、重心が浅くなるよう設計されている 写真:田辺直喜
メーカー向けのPRコンサルタントを行う甲斐氏。シングルハンデの腕前と確かな知識を持つ 写真:田辺直喜
「RS F」は、左を気にせず叩ける一方で、ほどよく高さが出るなど、やさしさも備わっていた 写真:田辺直喜
弾道は軽いフェード。打ち出し角12.6度、スピン量も2563rpmとしっかり入っているのでキャリーが伸びた 写真:田辺直喜
ヘッドスピードが40m/s台後半の甲斐氏でも「TSR4」はハードに感じるよう 写真:田辺直喜
少し芯を外しても初速が落ちにくく、スライスでも伸びる弾道になるのが「TSR4」の特徴 写真:田辺直喜
過去モデルに比べて、かなりやさしさが高まっている「G430 LST」 写真:田辺直喜
弾道のブレがかなり小さく、ほぼストレートな弾道になりやすいのも「G430 LST」の特徴 写真:田辺直喜
1 2 3 4

最新記事