曲がりを減らす効果もある!? 最新ドライバー“ロースピンモデル”は初心者ゴルファーにもおすすめ

「LS(ロースピン)」を謳うドライバーは従来、パワーヒッターに恩恵のあるハードなモデルというイメージのものでしたが、昨今はそうでもないようです。タイトリスト、PING、PRGRそれぞれの最新モデルを打ち比べてみました。

左のミスを防いで適正スピンで飛ばせる「RS F」

 最初に試打したのはPRGRの「RS F」です。2022年にクラブ契約をした谷原秀人プロなど、男子プロに愛用者の多いこのモデルは、どんな性能に調整されているのでしょう。

「RS F」は、左を気にせず叩ける一方で、ほどよく高さが出るなど、やさしさも備わっていた 写真:田辺直喜
「RS F」は、左を気にせず叩ける一方で、ほどよく高さが出るなど、やさしさも備わっていた 写真:田辺直喜

「過去の『RS F』は低スピンでハードなモノもありましたが、最新モデルはそこまでハードなわけでなく、適正な範囲でスピンが少なくなる印象です。叩いても左のミスが出ない安心感がありつつ、適度にボールがつかまるやさしさも備わっていました。ボール初速の出しやすさ、そして適正スピンの最適な弾道ですごく飛距離を伸ばしやすいモデルではないでしょうか」(甲斐氏)

 甲斐氏は、同じシリーズの「RS」や「RS D」と合わせて、次のようにも話します。

弾道は軽いフェード。打ち出し角12.6度、スピン量も2563rpmとしっかり入っているのでキャリーが伸びた 写真:田辺直喜
弾道は軽いフェード。打ち出し角12.6度、スピン量も2563rpmとしっかり入っているのでキャリーが伸びた 写真:田辺直喜

「最新のRSシリーズは構えた時の顔が非常に似た作りになっていて、弾道や振り心地だけを変えている印象ですね。反発性能が高くて、ボール初速が出しやすい点は共通していますので、ミスの傾向や好みに合わせて選べば平均飛距離がグンと伸びると思いますよ」(甲斐氏)

タイトリスト「TSR4」は小ぶりヘッドでハードなアスリート仕様

【画像】最新LSモデル PRGR「RS F」、タイトリスト「TSR4」、PING「G430 LST」の試打結果

画像ギャラリー

スピンが減るように調整された「LSモデル」。アスリート用というイメージもあるなか、昨今は随分と「やさしく」なっているとか 写真:田辺直喜
写真は「TSR4」。ソールのフェース寄りの部分にウェイトが装着され、重心が浅くなるよう設計されている 写真:田辺直喜
メーカー向けのPRコンサルタントを行う甲斐氏。シングルハンデの腕前と確かな知識を持つ 写真:田辺直喜
「RS F」は、左を気にせず叩ける一方で、ほどよく高さが出るなど、やさしさも備わっていた 写真:田辺直喜
弾道は軽いフェード。打ち出し角12.6度、スピン量も2563rpmとしっかり入っているのでキャリーが伸びた 写真:田辺直喜
ヘッドスピードが40m/s台後半の甲斐氏でも「TSR4」はハードに感じるよう 写真:田辺直喜
少し芯を外しても初速が落ちにくく、スライスでも伸びる弾道になるのが「TSR4」の特徴 写真:田辺直喜
過去モデルに比べて、かなりやさしさが高まっている「G430 LST」 写真:田辺直喜
弾道のブレがかなり小さく、ほぼストレートな弾道になりやすいのも「G430 LST」の特徴 写真:田辺直喜
1 2 3 4

最新記事