曲がりを減らす効果もある!? 最新ドライバー“ロースピンモデル”は初心者ゴルファーにもおすすめ

「LS(ロースピン)」を謳うドライバーは従来、パワーヒッターに恩恵のあるハードなモデルというイメージのものでしたが、昨今はそうでもないようです。タイトリスト、PING、PRGRそれぞれの最新モデルを打ち比べてみました。

ノーマルモデルに近いつかまりがある「G430 LST」

 最後はPINGの「G430 LST」をテストしました。2022年に史上初となる「アマチュアでツアー2勝」をマークした蝉川泰果プロが使用したことでも話題となったこのモデル、ほかのLSモデルとはどんな違いがあるのでしょう。

過去モデルに比べて、かなりやさしさが高まっている「G430 LST」 写真:田辺直喜
過去モデルに比べて、かなりやさしさが高まっている「G430 LST」 写真:田辺直喜

「改めて、LSモデルであってもやさしさを求めるゴルファーが増えているのだろうと感じました。その証拠に『G430 LST』は明らかに前作よりもつかまりやボールの上がりやすさが増していて、より多くのゴルファーが使える許容性が備わっていました。ノーマルモデルの『G430 MAX』よりも少しスピンは減りますが、つかまりやミスへの強さは近いレベルにありますので、ふたつのヘッドを持っておいて、体調やコースによって使い分けるということもできそうです」(甲斐氏)

 さらにPINGのG430シリーズについては、純正シャフトの仕上がりもハイレベルと絶賛します。

弾道のブレがかなり小さく、ほぼストレートな弾道になりやすいのも「G430 LST」の特徴 写真:田辺直喜
弾道のブレがかなり小さく、ほぼストレートな弾道になりやすいのも「G430 LST」の特徴 写真:田辺直喜

「『G430 LST』には最もハードな『PING TOUR 2.0 BLACK(65S)』を装着してテストしました。カスタムシャフトに近いしっかり感があって、ボールを強く叩いていけるので『G430 LST』の性能がすごく引き出されていました。G430シリーズは純正シャフトが3種類あり、それぞれに重量や硬さの違うものが用意されているという選択肢の多さも大きな魅力ですね」(甲斐氏)

 人気のLSモデル3機種をテストした甲斐氏は、スピンを減らせることの意外なメリットについても言及します。

「飛距離を伸ばすためにLSモデルを選ぶ人が多いものの、実はスピンが少なくなることでボールの曲がりも小さくなるというメリットがあります。同じスライスでも、スピンが少なく弾道も低ければ曲がりが小さく済み、OBの確率を下げることができるのです。ミスヒットでも初速が落ちないなど、最新のLSモデルには一定以上のやさしさも備わっていますので、ボールの曲がりに悩んでいるなら、レベルに関係なくLSモデルを試してみる価値はあると思いますよ」(甲斐氏)

 ゴルフクラブの花形であるドライバーは、各メーカーが最も力を入れて開発を行っています。そのため、スピンは減るけどやさしいといった、過去にはあり得なかった欲張りな性能を持ったモデルもどんどん生み出されています。自分に合った最適なドライバーを見つけるには、偏見を捨てて、フラットな気持ちでさまざまなモデルをテストしてみるのがおすすめですよ。

【画像】最新LSモデル PRGR「RS F」、タイトリスト「TSR4」、PING「G430 LST」の試打結果

画像ギャラリー

スピンが減るように調整された「LSモデル」。アスリート用というイメージもあるなか、昨今は随分と「やさしく」なっているとか 写真:田辺直喜
写真は「TSR4」。ソールのフェース寄りの部分にウェイトが装着され、重心が浅くなるよう設計されている 写真:田辺直喜
メーカー向けのPRコンサルタントを行う甲斐氏。シングルハンデの腕前と確かな知識を持つ 写真:田辺直喜
「RS F」は、左を気にせず叩ける一方で、ほどよく高さが出るなど、やさしさも備わっていた 写真:田辺直喜
弾道は軽いフェード。打ち出し角12.6度、スピン量も2563rpmとしっかり入っているのでキャリーが伸びた 写真:田辺直喜
ヘッドスピードが40m/s台後半の甲斐氏でも「TSR4」はハードに感じるよう 写真:田辺直喜
少し芯を外しても初速が落ちにくく、スライスでも伸びる弾道になるのが「TSR4」の特徴 写真:田辺直喜
過去モデルに比べて、かなりやさしさが高まっている「G430 LST」 写真:田辺直喜
弾道のブレがかなり小さく、ほぼストレートな弾道になりやすいのも「G430 LST」の特徴 写真:田辺直喜
1 2 3 4

最新記事