これからはプレーヤーだけじゃなく“従業員目線”が必須!? ゴルフ場の「コース改造」最前線とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

これからはプレーヤーだけじゃなく“従業員目線”が必須!? ゴルフ場の「コース改造」最前線とは?

ゴルフ場の一大事業といえば「コース改造(改修)」が挙げれます。「コース改造(改修)」というと、最新のクラブに対抗した難易度の変更が思いつきますが、近年は「従業員目線」も必要になっているといいます。

「メンテナンスのしやすさ」などゴルフ場の未来を見据えた改造

 ゴルフ場で大きな事業といえばコース改造ではないでしょうか。18ホールあるコースのグリーンを2グリーンから1グリーンにしたり、バンカーの配置変更などを行うコース改造は一大事業です。

 最近では愛知県の名門コース「春日井カントリークラブ」が東コースを約1年かけて改修すると発表しました。1年弱もの長期間、営業をストップして行われる事業はどのように進められるのか、コース関係者に聞いてみました。

23年12月から24年9月までの予定で行われている春日井カントリークラブのコース改修
23年12月から24年9月までの予定で行われている春日井カントリークラブのコース改修

 コース改造といえばプレーヤーがより楽しくプレーしてもらう目的だったり、トーナメント開催を誘致するために行われるもの、というイメージがあるかと思います。

 さらに、昨今のゴルフ場では夏の酷暑や人手不足なども大きな問題となっています。取材した春日井カントリークラブはこれらの問題にも対応した改修を行うそうです。

 計画のきっかけについて運営会社の取締役である松岡明希子氏に話を聞くと、「もともとは散水設備が老朽化していたのでその更新が計画の初めです。それと開場60周年がちょうど2024年に重なったので大改修をしようという計画になりました」

 フェアウェイの幅を1.3倍にしたり2グリーンを1グリーンにするなど、プレーヤー目線で分かる改修も行う一方、ゴルフ場を取り巻く事情も考慮しているという。

「改修にあたって非管理エリアを増やそうとしています。非管理エリアとは芝刈りのなどのメンテナンスをせず、そのまま放置していても自然な景観を保てるエリアです。バンカーも数を減らし効率的な位置に配置する予定です」

 コースメンテナンスの人手不足もあり、負担を減らしながらしっかりとコースメンテナンスが行き届くようにすることも考えているそう。また芝生の品種もこのところ続く非常に暑い夏に対応できるものを検討しているといいます。

シニアや女性が長く楽しめるコースにする

 設計はデイビット・デール氏、世界TOP100に入るコースを設計したアーキテクトであり、タイや韓国などアジアのゴルフ場でも実績のある人物。

「設計家は『やっぱりこういうのを作りたい』など意見が強い方が多いそうですが、デイビットさんはオーナー側の意見も組み入れてくれるということで依頼しました」

春日井カントリークラブのコース改修を手がけたデイビット・デール氏
春日井カントリークラブのコース改修を手がけたデイビット・デール氏

 コース改修における最近のトレンドは「初心者への配慮」と「プレーのバリエーションを増やすこと」にあるそうです。

「日本では難しいのことが名門コースの条件といったイメージがありますが、どんなレベルのゴルファーでも楽しくプレーゴルフ場にできればと考えています。具体的には一番前のティーは約4900ヤード、一番後ろのティーからは約7100ヤードにしています」と松岡氏は話してくれました。

 春日井カントリークラブの開場時には、それほど多くなかった女性やシニアゴルファーも近年は増加傾向。そんな飛距離が出ない人も、パーオンができればいつまでもゴルフを楽しむことができます。

 ティーイングエリアのバリエーションを増やすこと以外にも、グリーン周りに芝を刈り込んでアプローチエリアからパターを使えるようにして、ビギナーでもが難しくなり過ぎないようにする予定もありそうです。

 さらに、障がい者や高齢者に配慮して、乗用カートのフェアウェイ乗り入れも可能にする予定。改修後はトーナメント開催も視野に入れているそうです。

 今回のコース改造には、この先も長く春日井カントリークラブが存在し従業員の雇用も安定する、というメッセージもあるそうです。コース改造はプレーヤーだけでなく、コースメンテナンスや従業員の未来を見据えた事業といえそうです。

【写真】キャディーバッグが自動追尾してくれる! 最新アイテム「Hello Caddy(ハローキャディ)」とは?

画像ギャラリー

株式会社アルメックス(USEN-NEXT GROUP)が販売を開始した、ゴルフ場自動追従型パーソナルキャディロボット「Hello Caddy(ハローキャディ)」
株式会社アルメックス(USEN-NEXT GROUP)が販売を開始した、ゴルフ場自動追従型パーソナルキャディロボット「Hello Caddy(ハローキャディ)」
株式会社アルメックス(USEN-NEXT GROUP)が販売を開始した、ゴルフ場自動追従型パーソナルキャディロボット「Hello Caddy(ハローキャディ)」
株式会社アルメックス(USEN-NEXT GROUP)が販売を開始した、ゴルフ場自動追従型パーソナルキャディロボット「Hello Caddy(ハローキャディ)」
株式会社アルメックス(USEN-NEXT GROUP)が販売を開始した、ゴルフ場自動追従型パーソナルキャディロボット「Hello Caddy(ハローキャディ)」
株式会社アルメックス(USEN-NEXT GROUP)が販売を開始した、ゴルフ場自動追従型パーソナルキャディロボット「Hello Caddy(ハローキャディ)」
株式会社アルメックス(USEN-NEXT GROUP)が販売を開始した、ゴルフ場自動追従型パーソナルキャディロボット「Hello Caddy(ハローキャディ)」
株式会社アルメックス(USEN-NEXT GROUP)が販売を開始した、ゴルフ場自動追従型パーソナルキャディロボット「Hello Caddy(ハローキャディ)」
各プレーヤーに追従してくれるので、まるで帯同キャディーとプレーしているような感覚になる
23年12月から24年9月までの予定で行われている春日井カントリークラブのコース改修
春日井カントリークラブのコース改修を手がけたデイビット・デール氏

最新記事