全英でお目見えか!? テーラーメイドのドライビングアイアン「ステルスUDI」「ステルスDHY」が発表

テーラーメイドのドライビングアイアン「ステルスUDI」と「ステルスDHY」が、7月15日から、全国のテーラーメイド認定「セレクトフィットストア」にて発売となります。

安定したボールスピード、高い寛容性と心地よい打感

 来週はいよいよ、今年最後のメジャートーナメントとなる「全英オープン」が開催されます。

 全英オープンが行われるリンクスコースでは、風が強いため球を低く出したいこと、地面が硬くランが出ることなどから、ティーショットでロングアイアンないしアイアン型のユーティリティーを多用する選手が多く見られます。

 そんなタイミングで発表されたのがテーラーメイドのドライビングアイアン「ステルスUDI」と「ステルスDHY」です。一般には7月15日から、全国のテーラーメイド認定「セレクトフィットストア」にて発売となります。

テーラーメイド「ステルスUDI」(左)と「ステルスDHY」

「ステルスUDI」と「ステルスDHY」ともに、キーテクノロジーとなるのは「スピードフォームTM」の素材を見直し、軽量化に成功した「スピードフォームAIR」を新たに採用したこと。軽量化とともに、「マルチマテリアル構造」により絶妙な打音や打感を実現したと言います。

 フェース素材は「P790」や「P770」アイアンで使用されているクロモリ鋼フォージドICTフェースへ改良され、安定したボールスピード、高い寛容性と心地よい打感を備えました。

「UDI」と「DHY」の違いですが、まず「UDI」は、操作性と飛距離を追求し、薄いトップラインや抜けの良いソールなどツアープロが求める見た目と機能を備えています。最適なスピン量によって強弾道で狭いホールのティーショットからラフまで、タフな状況で活躍する造りです。

「DHY」はアイアンのような見た目ながら、従来のハイブリッドに匹敵する飛距離性能、初速、高弾道を実現したと言います。ワイドソール設計により、あらゆるライに対応する汎用性に優れた設計となっています。

 果たして全英オープンのティーショットでこれらのドライビングアイアンが活躍するのか、注目です。

この記事の画像一覧へ(12枚)

画像ギャラリー

テーラーメイド「ステルスUDI」
テーラーメイド「ステルスUDI」
テーラーメイド「ステルスUDI」
テーラーメイド「ステルスUDI」
テーラーメイド「ステルスUDI」
テーラーメイド「ステルスUDI」
テーラーメイド「ステルスDHY」
テーラーメイド「ステルスDHY」
テーラーメイド「ステルスDHY」
テーラーメイド「ステルスDHY」
テーラーメイド「ステルスDHY」
テーラーメイド「ステルスUDI」(左)と「ステルスDHY」

最新記事