「一見さんお断り」は誤解です! リシャフトするなら工房でプロのクラフトマンに頼むのが安心な理由 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「一見さんお断り」は誤解です! リシャフトするなら工房でプロのクラフトマンに頼むのが安心な理由

ゴルフクラブのシャフトを好みのモデルに挿し替えることを「リシャフト」と言います。プロゴルファーや競技に出るような上級者だけが行うものと考えがちですが、むしろ初心者やアベレージゴルファーこそ、クラブが振りやすくなってミスを軽減してくれる可能性があるリシャフトを試すべきなのです。シャフトだけでなくグリップも好きなものを選べて、クラブの見た目を自分好みにカスタマイズできるので、ラウンドで使うのが楽しみになること間違いなしです!

クラブの「リシャフト」ってどんなもの?

「リシャフト」という言葉を聞いたことはありますか? 通常、ショップで購入したクラブには、メーカーが決めた純正シャフトと純正グリップが装着されています。こういった純正アイテムは、幅広いゴルファーに合うようにスペックや特性が調整されているので、「リシャフト」して自分に合ったモデルに挿し替えることで、クラブが振りやすくなり、ヘッドの性能を最大限引き出すことができるようになるのです。

多くの上級者やギアに強いこだわりをもつ人が行う「リシャフト」。振りやすさを出すとともに、自分好みにクラブの見た目を変更できることも大きな魅力だ
多くの上級者やギアに強いこだわりをもつ人が行う「リシャフト」。振りやすさを出すとともに、自分好みにクラブの見た目を変更できることも大きな魅力だ

 性能だけでなく、クラブの見た目が大きく変わることもポイントです。ツアートーナメントでプロが使うクラブを見ても、オシャレなコスメのカーボンシャフトにカラフルなグリップを装着するなど、見た目的にもカッコいいですよね。自分のスイングやパワーに合ったものの中から好きなデザインのシャフトを選び、グリップも好みのものにすることで、世界で一つだけの特別なクラブが仕上がるわけです。

 一般的に、リシャフトはプロや上級者が行うものというイメージがあるかもしれません。しかし、クラブを自分に合わせれば、振りやすくなって飛距離が伸びるかもしれませんし、ミスを軽減することも期待できます。本来は、初心者やアベレージゴルファーこそ行うべきものなのです。

ゴルフ工房を訪ねてみた

 とはいえ、リシャフトがどのように行われているのか、イメージできない人も多いでしょう。

「リバースゴルフ工房」は、東京都板橋区のインドアゴルフ練習場「リバースゴルフスタジオ」の内にある
「リバースゴルフ工房」は、東京都板橋区のインドアゴルフ練習場「リバースゴルフスタジオ」の内にある

 そこで今回は、東京都板橋区のインドアゴルフ練習場「リバースゴルフスタジオ」内にある「リバースゴルフ工房」を訪ねました。

アイアンのシャフト交換作業を実演

 同工房所属のクラフトマン、野原一利さんに、アイアンのシャフト交換がどのような工程で行われるのか、実演を交えながら解説してもらおうというわけです。

リバースゴルフ工房のクラフトマン、野原一利さん。大手シャフトメーカー直営店でフィッター&クラフトマンを経験した、クラブのスペシャリストだ
リバースゴルフ工房のクラフトマン、野原一利さん。大手シャフトメーカー直営店でフィッター&クラフトマンを経験した、クラブのスペシャリストだ

 野原さんは、大手シャフトメーカー直営店でフィッター&クラフトマンを経験した、クラブのスペシャリストです。

 今回は日本シャフト「N.S.PRO950GH neo(S)」が装着されたアイアンを、フジクラの「トラヴィルアイアン 105(S)」にリシャフトしていきます。

専門知識とさまざまな専用器具が必要な作業

 まず野原さんが行ったのは、リシャフト前のクラブの細かなスペックを計測することでした。

リシャフト前のクラブの総重量やバランス、長さなどを記録しておくことで、新しいシャフトに挿し替える際にどんな調整を加えればいいのか分かる
リシャフト前のクラブの総重量やバランス、長さなどを記録しておくことで、新しいシャフトに挿し替える際にどんな調整を加えればいいのか分かる

「リシャフトを行う前に、お客さんにはクラブについてヒアリングを行います。今のクラブは軽いのか、重いのか、何を改善したいのか。それをもとに、シャフトのモデル選びや最終的な長さ、バランスをどうすべきか打ち合わせていきます。その際に、もともとのクラブの重量やバランスが分かっていれば、新しいシャフトを入れた際に、何インチに調整すればバランスがどれくらいになるのか予想できますので、最適な提案がしやすくなるのです」(野原さん)

古いシャフトをヘッドから外す

 計測が終わったら、古いシャフトをヘッドから外す作業に入ります。

ソケットはプラスチック製のパーツなので、加熱することで柔らかくなる。すぐにカッターナイフで切れ目を入れれば、簡単に取り外すことが可能だ
ソケットはプラスチック製のパーツなので、加熱することで柔らかくなる。すぐにカッターナイフで切れ目を入れれば、簡単に取り外すことが可能だ

 まずネックの上にあるソケットを、ヒートガンという専用機器で加熱してから、カッターナイフで切れ目を入れて取り除きます。続けてシャフトを外すための機器にクラブをセットし、再びヒートガンでヘッドのネック部分を加熱していきます。内部の接着剤を溶かしながら、ヘッドとシャフトを引き離していき、最終的にはヘッドをぐるぐると回して取り外すのです。

取り外したヘッドのネック内部を清掃

 シャフトから取り外した直後のヘッドのネック内部には、接着剤のかすなどが大量に残っています。次の工程では、電動ドリルなどを使用して、このネック内部を掃除していきます。

ネック内部の口径に合わせた電動ドリルでゴミを削り取るように掃除。目視で内部をチェックしながら念入りに行っている
ネック内部の口径に合わせた電動ドリルでゴミを削り取るように掃除。目視で内部をチェックしながら念入りに行っている

「この工程をおろそかにして、ヘッド内部にゴミが残った状態で接着するのは非常に危険です。ヘッドがしっかり接着されず、スイング中に外れる恐れがあるからです。リシャフトを行う上で最も大切な工程と言えるかもしれません」(野原さん)

シャフト先端の塗装を剥がす

【写真】まさにプロの仕事!リシャフトが完成するまでの一部始終を見る

画像ギャラリー

東京都板橋区のインドアゴルフ練習場「リバースゴルフスタジオ」
フジクラの「トラヴィルアイアン 105(S)」にリシャフトし、グリップは、ゴルフプライドの「MCC PLUS4 ALIGN」を装着。純正とは一味違った雰囲気に生まれ変わったのが実感できた
リシャフト前のクラブの総重量やバランス、長さなどを記録しておくことで、新しいシャフトに挿し替える際にどんな調整を加えればいいのか分かる
スペックは専用の用紙にメモ。番手ごとに長さやバランスなどの数字が細かく記載されている
ソケットはプラスチック製のパーツなので、加熱することで柔らかくなる。すぐにカッターナイフで切れ目を入れれば、簡単に取り外すことが可能だ
熱風で加熱することができる「ヒートガン」はリシャフトの必須アイテム。アイアンの場合、ネックを加熱することで接着剤を溶かして、ヘッドを外す
プロのクラフトマンが作業するとものの数分でヘッドを取り外す作業が終わる
ネック内部の口径に合わせた電動ドリルでゴミを削り取るように掃除。目視で内部をチェックしながら念入りに行っている
仕上げに薬品を染み込ませたペーパーで拭き掃除。ここまで行えばネック内部のゴミが完全に取り除かれ、新しいシャフトを装着する準備がととのった
写真左が取り外した直後のネック内部で、右が掃除後。この作業をしっかり行わないと新しいシャフトを装着しても、ヘッドが外れる恐れがある
マスキングで削り取る部分を明確にし、カッターナイフで削ぎ取っていく。熟練のクラフトマンならではの繊細な力加減が必要な作業だ
最後にネック内部と同じく薬品で拭き掃除を行う。塗装をキレイに剥がすことで、しっかり接着することが可能になる
ネック内部の深さはヘッドによって違うため、しっかり計測を行う
ヘッドとグリップを仮付けした状態でバランス計測を行い、組み上げた時にどんなバランスになるかをチェック。そのまま接着に進むこともあれば、バランスを調整するために手元側をカットすることもあるそうだ
2種類の溶剤を混ぜ合わせ、さらにガラスの微粒子を混ぜ込むことでヘッドが外れにくい強力な接着剤になる
接着剤をネック内部とシャフト先端にたっぷり塗布する
奥までしっかり押し込むと接着剤が少し外に出てくるので、きれいに拭き取る
新しいグリップの装着もプロのクラフトマンにお任せすれば安心だ
リバースゴルフ工房のクラフトマン、野原一利さん。大手シャフトメーカー直営店でフィッター&クラフトマンを経験したクラブのスペシャリストだ
「リバースゴルフ工房」は、東京都板橋区のインドアゴルフ練習場「リバースゴルフスタジオ」の内にある
多くの上級者やギアに強いこだわりをもつ人が行う「リシャフト」。振りやすさを出すとともに、自分好みにクラブの見た目を変更できることも大きな魅力だ
1 2

最新記事