練習場でもゴルフシューズを履くべき理由 スパイク以外でスニーカーとの決定的な違いとは?

歩きやすくスイングもしやすいシューズとはどんな条件を備えているものなのでしょうか。ゴルフコーチでスポーツシューフィッターの神谷幸宏氏は、双方を両立させるために重要なポイントがあると言います。そこには、練習場でもゴルフシューズを履くべき大きな理由がありました。

シューズは重いほうが安定するのか?

スパイクモデル、スパイクレスモデルともに最近のシューズはソール全体に凹凸があるのが当たり前 写真:山上忠
スパイクモデル、スパイクレスモデルともに最近のシューズはソール全体に凹凸があるのが当たり前 写真:山上忠

 では、ゴルフシューズのスペックとしてよく取り上げられる重さは、歩きやすさとスイングのしやすさにどんな関係があるのでしょうか。ある程度の重さがあったほうが、足がバタバタせずに安定しそうなイメージがありますが、実際のところは?

「軽いほうが歩行時の疲れを軽減できるので、メリットが大きいと思います。スイングに関してはグリップ力が問題です。単純に考えれば、体重が重い人のほうがシューズに圧をかけられるのでグリップ力が増します。そう考えるとシューズも重いほうが安定しそうですが、それは以前のグリップ力の低いシューズでの話。現代のシューズは軽くてもグリップ力が強いので、軽いほうがおすすめです」

 スパイクレスシューズはもちろん、スパイクが付いたモデルでもソール全体に凹凸があり、地面との接地面が多くグリップ力が強化されています。グリップが効くなら軽いに越したことはないということで、神谷氏は軽量モデルを推奨します。

 ただ、軽量化するとシューズ全体の剛性が落ちてしまう可能性があります。そんなジレンマを解決しているのが、カーボンなどを採用した最新のシューズで、軽くてもしっかりとした硬さを出すことに成功しています。コストは高くなりますが、それに見合うパフォーマンスが得られるのが、最近のハイエンドモデルと言えそうです。

【解説】神谷 幸宏(かみや・ゆきひろ)

合同会社ジョイナー代表。ゴルフコーチとして活動しながら、越谷ゴルフリンクス プライベートスタジオにて「swing catalyst」を使用した足圧移動解析、フォース解析も行っている。ゴルフスイングと足の関係を多角的に研究するゴルフコーチ&スポーツシューフィッター。

【写真】シューズ選びで外せない手順と緩みにくい紐の通し方

画像ギャラリー

ドロップの大きさが足にしっくり来ていればしっかり体重移動ができる 写真:山上忠
逆にしっくりこないと、うまく回転できない 写真:山上忠
カカトのフィット感が大事。確かめるには手でシューズを動かしてみるといい。足とシューズが一緒に動くならフィットしている 写真:山上忠
カカトのフィット感が大事。確かめるには手でシューズを動かしてみるといい。足とシューズが一緒に動くならフィットしている 写真:山上忠
サイズが分かりにくかったらインソールを出して確認してみるといい。ツマ先に1センチの余裕があるのが理想 写真:山上忠
サイズが分かりにくかったらインソールを出して確認してみるといい。ツマ先に1センチの余裕があるのが理想 写真:山上忠
履いたら必ず立った状態で歩いたりスイングの形をつくったりして足に当たる部分がないかチェック 写真:山上忠
履いたら必ず立った状態で歩いたりスイングの形をつくったりして足に当たる部分がないかチェック 写真:山上忠
写真のようにシューホールの上2つを使って輪っかをつくり、紐の先を輪っかに通すようにすると、結ぶまでに緩まず調整もしやすい 写真:山上忠
写真のようにシューホールの上2つを使って輪っかをつくり、紐の先を輪っかに通すようにすると、結ぶまでに緩まず調整もしやすい 写真:山上忠
ゴルフコーチ兼スポーツシューフィッターの神谷幸宏氏
ゴルフシューズはわずかにカカトが高い「ドロップ」が設けられているものが大半 写真:山上忠
スパイクモデル、スパイクレスモデルともに最近のシューズはソール全体に凹凸があるのが当たり前 写真:山上忠
1 2

最新記事